pagetop

本 山を走る女

ほしい!に追加 twitter
本-山を走る女
著者: 津島佑子 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 講談社
シリーズ名 講談社文芸文庫 つA6
発行年月 2006年 04月
ISBNコード 9784061984387
版型 --
ページ数 403P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

津島佑子 OFF

内容紹介

二一歳の多喜子は誰にも祝福されない子を産み、全身全霊で慈しむ。
罵声を浴びせる両親に背を向け、子を保育園に預けて働きながら一人で育てる決心をする。
そしてある男への心身ともに燃え上がる片恋―。
保育園の育児日誌を随所に挿入する日常に即したリアリズムと、山を疾走する太古の女を幻視する奔放な詩的イメージが谺し合う中に、野性的で自由な女性像が呈示される著者の初期野心作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

津島 佑子
1947・3・30~。小説家。東京生まれ。白百合女子大学英文科卒。在学中より「文芸首都」同人となり習作。二十代で短篇が相次いで芥川賞候補になる。以後、1976年、『葎の母』で田村俊子賞、77年、『草の臥所』で泉鏡花文学賞、78年、『寵児』で女流文学賞、83年、「黙市」で川端康成文学賞、87年、『夜の光に追われて』で読売文学賞、98年、『火の山―山猿記』で谷崎潤一郎賞、野間文芸賞、2002年、『笑いオオカミ』で大佛次郎賞等、文学賞を多数受賞。口承文芸や古典文学に関する仕事も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ