pagetop

本 つるばら村の理容師さん

ほしい!に追加 twitter
本-つるばら村の理容師さん
著者: 茂市久美子 (著)
柿田ゆかり (画)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
講談社
シリーズ名
わくわくライブラリー
発行年月
2007年 03月
ISBNコード
9784061957084
版型
--
ページ数
157P
平均評価
(4)
: 0件
: 2件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

茂市久美子 OFF
柿田ゆかり OFF

内容紹介

もうすぐ六十歳になる山野このはさんは、つるばら村で、小さな理容店をひらいています。
花が大好きなこのはさんのお店のまえには、いつも季節の花がたくさん咲いています。
今日も「つるばら理容店」に、ふしぎなお客さんがやってきました。
心をふわりとかるくさせる、七編のやさしいファンタジー。
小学中級から。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

柿田 ゆかり
埼玉県に生まれる。日本デザイン専門学校卒業後、フリーのイラストレーターに。書籍や、数々の幼児誌の挿絵を手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
茂市 久美子
岩手県に生まれる。会社勤務をへて執筆活動に入り、『おちばおちばとんでいけ』で、ひろすけ童話賞を受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2012/10/15

表紙の絵、理容店の窓を伸び上ってきつねがのぞいています。そんなお話ばかりです。

つるばら村にある理容店、やっぱりいろんな人や動物がやってきます。
旅するヤギが毛を漉いてもらいに来て、漉き取った毛をこのはさんの大事な指輪の中をくぐらせてあっという間にきれいな木の葉色のショールに変えてしまいます。次の日お隣のひまわり洋品店のはるかさんにすてきなカシミアのショールだと褒められるのですが。
くつを作りたくていろんな家から靴を借りていったきつねが立ち寄って生まれて初めての散髪をしてもらいます。かれが忘れていった長靴は木の皮のようなもので作られていてとても履き心地がよさそうです。ほんのりとバラのかおりもして。足を入れてみるとすーっと軽くなるのです。きつねのすみか、野いばらが原にでかけていったこのはさん。忘れ物の長靴はお父さんの残したものでした。負けないようなくつを作りたくてかれは努力していたのでした。借りていて靴ももどります。それらは履き心地がよくなったりきれいに修理されていたりするのでした。野イバラのかおりのするくつってどんなのでしょう。
そのほか山姥の家までいって髪をきってあげたり爪をきってあげたり。このはさんは大忙しです。その時のませてもらった薬草のお茶のせいで元気になるのですが。
四季折々の変化に合わせるように物語が綴られているのはほかの「つるばら村」と同じです。いろんなお店や職業が出てきましたがつるばら村での生活はのどかで豊かでいい感じです。じつはこれで現在出版されている9作品すべてを読んでしまいました。お付き合いありがとうございました。ちょっとさみしい気もします。
ただ来月には新作の「つるばら村の魔法のパン」が出るそうです。楽しみです。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

絵本・児童書のランキング

こども孫子の兵法 強くしなやかなこころを育てる!

齋藤孝(監修)


ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ

今泉忠明(監修)


両生類・はちゅう類

松井正文(監修)


ランキング一覧へ