pagetop

本 つるばら村のはちみつ屋さん

ほしい!に追加 twitter
本-つるばら村のはちみつ屋さん
著者: 茂市久美子 (著)
柿田ゆかり (画)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
講談社
シリーズ名
わくわくライブラリー
発行年月
2005年 03月
ISBNコード
9784061957046
版型
--
ページ数
159P
平均評価
(4)
: 0件
: 2件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

茂市久美子 OFF
柿田ゆかり OFF

内容紹介

ナナシさんは、つるばら村で、みつばちを飼っています。
笛吹き山のふもとが花でおおわれる春、働きばちたちは、花から花へみつをあつめてとびまわります。
トチノキ、タンポポ、ソバ…、花によってさまざまに変化をとげる、十二編のはちみつファンタジー。
小学中級から。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

柿田 ゆかり
埼玉県に生まれる。日本デザイン専門学校卒業後、フリーのイラストレーターに
茂市 久美子
岩手県に生まれる。会社勤務をへて執筆活動に入り、『おちばおちばとんでいけ』で、ひろすけ童話賞を受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2012/10/09

つるばら村にはいろんな仕事をしている人がいます。今度はミツバチを飼っている人です。

内容紹介が間違っているのをはじめて見つけました。ナナシサンではなくて正しくはナオシさんです。読みそびれている第三巻「つるばら村のくるみさん」の巻でくるみさんと仲良しになった方のようなのですが……
つるばら村で一番高い山、ブナの森におおわれた笛吹山のふもとでミツバチと暮らしています。お得意さんもいます。都会に住む「隈野」さんもその一人。すごい嗅覚の持ち主で、あらしで倒れたヤマザクラの蜜が入っていないこともすぐに気づくほどです。
そんないろんなお客がナオシさんのもとを訪れます。タンポポのコーヒーが飲める「たんぽぽ畑」という喫茶店のマスターのウサギや七夕のケーキを作るためにみつろうを探しに来たかわいらしい女の子。銀河亭という天の川の中のお店から降りてきたそうです。
物語のなかでくるみさんも出てきて、かわいいことにバレンタインにはハート形のチョコレートケーキと手編みの青いマフラーをナオシさんに贈るんです。ナオシさんのお返しは南風の精に借りたシャベルで雪の中から掘り出した季節外れのスミレの小さな花とみつろうそくです。ほんわりとした物語も、茂市さんが実在の養蜂家の方のもとを訪れてその経験から書かれたものだそうです。
そのきっかけは新聞の記事。ミツバチが集めたみつろうでろうそくを作るとあつめた花によってその巣でつくったろうそくは色が変わるのだそうです。そんなことから興味をもったそうです。
さてナオシさんはやさしいだけではなくて力持ちでもあります。笛吹山の頂上で天狗たちが腕相撲をしているところに出会い、なんと天狗たちに腕相撲で勝ってしまうのです。ご褒美は天狗のうちわ。いろんな種類から選んだのはやつでの葉っぱ。敵をよせつけないうちわです。
ナオシさんはそれでミツバチを襲いに来るスズメバチを追い払うのです。
ナオシさんはやっぱりやさしいのでした。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング