pagetop

本 現代政治学入門

ほしい!に追加 twitter
本-現代政治学入門
著者: バーナード・クリック (著)
添谷育志 (訳)
金田耕一 (訳)
定価 ¥950(税込)
BOOKFANポイント: 8 pt
or
Tポイント: 8 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
講談社
シリーズ名
講談社学術文庫 1604
発行年月
2003年 07月
ISBNコード
9784061596047
版型
--
ページ数
192P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

バーナード・クリック OFF
添谷育志 OFF
金田耕一 OFF

内容紹介

政治学とは、社会において利害と価値をめぐって起きる紛争と、その紛争を調停する方法を探る学問である。
それは現在の生活を改善するための、非常に有効な事柄を学ぶことにほかならない。
政治は何をなしうるか。
我々は政治に何をなしうるか。
そして政治とは何か。
現代人の基本教養・政治学の最良の入門書として英国で定評を得る一冊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 政治学を学ぶ/第2章 政治的活動の本性/第3章 政治的生活の起源/第4章 近代代議制の政治/第5章 政治思想の諸類型/第6章 政治制度/第7章 理想的な組み合わせ

著者情報

バーナード・クリック
1929年生まれ。ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ卒業。ロンドン大学名誉教授
添谷 育志
1947年生まれ。東北大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。明治学院大学教授
金田 耕一
1957年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。日本大学教授

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: ta49706 投稿日:2011/01/22

私にとってこの本はとてもわかりやすい。政 ...

私にとってこの本はとてもわかりやすい。政治の基本がよくわかる。政治としての理論を押し付けることなく、色々な考えがあることを許容する流れに、あっという間に読み進めることができた。今の日本の政治状況を予言するような記載がある。たとえば、政党は議会政治に必要だが、相対的に重要性を失う。そして圧力団体が力を持つと書かれている。圧力団体を旧郵政省の組合や労働連合などに置き換えてみればまさに自民党、民主党どちらも同じ状況にあるではないか。

あるいは、政治と産業・科学技術の関係についても述べられている。この本では、次のようにある。
「近代社会において必要とされる経済・社会政策は、命令によって強制できるものではなく、あくまでも説得によるものであり、経営者と熟練労働者の双方を納得させ、その意見に即応するものでなければならない。
~中略~
近代化しつつある政府が技術者と専門家とに依存することに、自由への脅威を指摘する人々もいる。
~中略~
おたがいに(政治と技術者)理解することができずに敵対しあっている「ふたつの文化」が存在しているのは、危険なことである。これに対する答えは、長期的には教育改革しかないが、中期的な解決方法としては科学的問題と政治的争点の双方をもっと効果的に大衆化することである。」

今の原発問題がまさにその通りだ。確かに報道で多くの情報が出され、書店には原発や原子力に関する本が多く並べられているが、効果的に大衆化(大衆化という言い方は不謹慎かもしれないが)されているのか。

このように多くの点で現代でも通じる(書かれたのが1990年頃のため、ソビエト連邦などがでてくるが)。
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


極上の孤独

下重暁子(著)


ポイズンドーター・ホーリーマザー

湊かなえ(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ