pagetop

本 5分後に思わず涙。 世界が赤らむ、その瞬間に

ほしい!に追加 twitter
本-5分後に思わず涙。 世界が赤らむ、その瞬間に
著者: 桃戸ハル (編著)
田中寛崇 (絵)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 10 pt
or
Tポイント: 10 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
学研プラス
シリーズ名
「5分後に意外な結末」シリーズ
発行年月
2017年 04月
ISBNコード
9784052046216
版型
127×188mm
ページ数
346P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

桃戸ハル OFF
田中寛崇 OFF

内容紹介

涙×意外な結末。
悔し涙、嬉し涙、感涙、涙目…。
さまざまな涙の物語を、30編収録。
全編、シリーズ新収録。
大人気シリーズの「涙」版!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: まーち 投稿日:2017/06/01

涙は出ませんでしたが・・・ <おまけレポ>

知らずに借りたのだが、この作品、「5分後に意外な結末」というシリーズものらしい。てっきり、感動的な話ばかりなのかと思ったのだが、「えっ?」と思うような話が、かなり多かった気がする。
30編も収録されているので、全てを紹介するのは無理だが、ほんの一部だけでも紹介してみよう。


冒頭の、「本物のサンタクロース」という話は、カラーで描かれている。
サンタクロースが、プレゼントを配りに行ったところ、男の子が起きていて、サンタに言うのだった。「サンタクロースは、本当はパパなんだ」と。そのサンタクロースは本物だったので、違うと答えたのだが、帰る時に、サンタは、男の子の言葉に秘められた、切ない意味に気付くのだった。


「隣に住む殺人鬼」は、家の隣のアパートに住む殺人鬼が、車に轢かれそうな子猫を助けようとするのを目撃した少年の話。その「殺人鬼」の正体は、意外な人物で・・・


「思い出の絵」は、ある男性に依頼されて、彼の「思い出の絵」を盗み出した怪盗Zの話。ところが、彼に仕事を依頼したのは、思いもよらぬ人物だったことがわかり・・・


「そのときまで」は、人工知能が人間の知性をはるかに超え、地球環境にとって、人間の存在が災いであると判断し、人類を滅ぼすことに決めたという、ゾッとするような話。


「ある避暑地の出来事」は、100万円が、巡り巡る話。


「上司のアドバイス」は、仕事の悩みを打ち明けると、親身になってアドバイスをしてくれる上司の話。そんな素敵な上司がいるにもかかわらず、女性社員が、その会社を辞めようと思ったのはなぜか・・・?


「葉桜と魔笛」は、太宰治原作、「中間管理職の苦悩」は、夏目漱石の原案で、「坊ちゃん」を翻案したもの、「地獄変」と「報恩記」は、芥川龍之介原作である。


そのほか、「地球嫌い」「ココア色の想い出」「拝啓、お母さん」「5分間の人生相談」「夢の外で会いましょう」「隣までの距離」「あの日、あの時、」「偽札」「鬼のツノ」「二人の結婚」「幸せのメロディー」「あと一歩」「親友」「補聴器」「花」「待つ人」「犯人の正体」「銅像」「夏の葬列」「生と死の間で」
という、全部で30編のショートショートが収録されている。


どれも、意外な結末ではあったが、涙が出るような話は、一つもなかった。
児童書とは思えないような内容の話も、いくつかあった。


朝の10分間読書には、ピッタリの作品かもしれない。
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ