pagetop

本 C〔3〕-シーキューブ- 10

ほしい!に追加 twitter
本-C〔3〕-シーキューブ- 10
著者: 水瀬葉月 (著)
定価 ¥615(税込)
BOOKFANポイント: 28 pt
or
Tポイント: 17 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
アスキー・メディアワークス
シリーズ名
電撃文庫 2003
発行年月
2010年 09月
ISBNコード
9784048688796
版型
--
ページ数
333P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

水瀬葉月 OFF

内容紹介

ン・イゾイーが転校してきたのも束の間、世間はバレンタインの季節を迎える。
渦奈にあれこれと扇られたフィアをはじめ、おのおの願望まる出しなチョコお渡しシチュエーションの妄想をふくらませるが!?そんな折、研究室長国の日村素直が教師として学校に復帰してくる。
しかも、彼は思わぬ人物を伴っていて―。
さらには一同の前に蒐集戦線騎士領の騎士が立ちはだかる。
「実にグッデスト!」とか変な言い回しを操る彼女は、しかし“最強”の呼び声もある強敵だった。
バレンタインも大変な第10巻。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: DSK 投稿日:2010/09/20

このシリーズも10作目を数え、…

このシリーズも10作目を数え、いよいよ後半に差し掛かってきたとの事。そのせいか、かつて登場した人物やエピソードの再登場を絡めた物語になっている。そして、実はいんちょーの物語第3弾とも言えるのだが、その口癖誕生にも関わる苛烈な過去に踏み込む重苦しいものでもあった。相応にグロい描写も本シリーズの特徴なのだが、今回は精神的にグロかった印象である。春亮絡みでわたわたする胸キュンいんちょーさんがあまり見られなかったのが少々残念ではあるが、この、過去から現在に至る経緯を乗り越え、新たな一歩を踏み出したことに希望を見出したい。再登場と言えば、短編集に出てきたあの2人にも本編への出番があって良かった。そして実に面白くて笑わせてくれた。

また、フィアやこのはといった“春亮ハーレム”を構成する他の女性陣にも何かしらの変化、というか想いの整理・再構築が行われた感じである。意外に想いを漠然とした形に戻しつつ、将来的な不安をも混ぜ込んだところに今後を占う何かがありそうな気がするフィアに比べて、このはの想いが沸点に達しそうな勢いである。その代わり、このはの“呪い”について切ない事実が描かれている。

それにしても、今回もまたやるせない物語だが、口絵で展開される素敵な妄想が前半から割とちょくちょく出てくるのを楽しみつつ「敵からの精神攻撃が早くも発動してるのか?」と訝しんでしまうのは本シリーズに対する免疫が出来た証拠か。復帰した日村素直の本性、男として実にダメなところを思いっきり歪んだ形で発現させた最低っぷりに心が重くなる。実質的な実行犯さえも被害者と同情したくなる、この究極の覗き見野郎の今後に出番が訪れないことを切に願うばかりである。一生消えてなさいっての。

意外に優秀なのね、というン・イゾイーもさり気なく活躍している。フィアやいんちょーさんと同様に、一発で彼女と分かる口癖が可笑しくて笑える。ちょっと可愛らしい一面もチラリと出てくる。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

わたしを離さないで

カズオ・イシグロ(著)


未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

河合雅司(著)


サラバ! 上

西加奈子(著)


ランキング一覧へ