pagetop

本 異常快楽殺人

ほしい!に追加 twitter
本-異常快楽殺人
著者: 平山夢明 (著)
定価 ¥734(税込)
BOOKFANポイント: 6 pt
or
Tポイント: 6 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
角川書店
シリーズ名
角川ホラー文庫
発行年月
1999年 08月
ISBNコード
9784043486014
版型
--
ページ数
316P
平均評価
(5)
: 2件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

平山夢明 OFF

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: つくしぃ 投稿日:2011/10/14

殺人によって性的快楽を得る異常人たち

とにかく第一段階、この表紙ではなかなか買えないだろう。
「異常快楽殺人」というタイトルの本を家族が持っていたとしても、私はなんとも思わないが、この表紙だと、げっ、となるものだ。

もともと、インターネットのとある批評サイトのレビューを見て(実はどのサイトで見たか忘れてしまった)、これは買わねばと思い、いざ古本屋で手にしてみたら、この表紙である。
しかしどうしても読みたいので、勇気を出して買ってみた。


これは読むのに時間が掛かった。
1ページにある文章の内容が濃すぎて、10ページくらい読んだだけでお腹いっぱいになってしまうのだ。
10ページだけ読んで置いておいて、また数時間したら10ページだけ読んで・・・というくり返しをしなければ、頭がおかしくなってしまうのではないかという程だ。
この著者は、よく情報収集等することが出来たと思う。


「快楽殺人」。
人を殺すことで、性的快楽を手に入れる。
目次では7人しか書かれていないが、実際はそれぞれの人物に似た殺人鬼の様子も出てくる。
ある人物は多重人格障害を持っていて、ある人物はインポテンツで・・・。
連続殺人を犯す大きな要因となった事柄は幼少期に起きたものが多いようで、それも父親からの性的虐待や近所の少女から受けた行為だったりと、もしそれが無かったら、果たして殺人鬼になっていたのかと考えてしまう。
もし自分が、幼い頃に親から性的虐待を受けていたら・・・。
或いは、知らないおじさんにあらゆることをされていたら・・・。
自分も殺人鬼になってしまったかもしれないと考えると、とても怖い。


この作品があえてそれを選んだのか分からないが、
作品に登場する連続殺人犯は、大抵殺した人間を食べている。
女性の胸であったり、性器であったり、男性の性器や睾丸であったり・・・。
我々一般人の常識を超越した思考を持っているので、ショックというか、新しい発見というか、こんな視野もあるんだという(恐らく大抵の人にとっては)あまり必要ない知識を得られるであろう。


文章の書き方としてあまり良くないと思ったのは、主要人物が急に変わるので、今誰の話をしているのかが分かりにくい。
読む時はそれを注意しなければならない。



いつの時代になっても無くならないであろう、連続殺人。
コンピュータの技術が発達していっている現在、これからどのような殺人鬼が生まれるのか。
その出生の蕾を取り除く為に、我々に出来ることはあるのだろうか。
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

オーバーロード 13 聖王国の聖騎士

丸山くがね(著)


ラプラスの魔女

東野圭吾(著)


火星に住むつもりかい?

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ