pagetop

本 青の炎

ほしい!に追加 twitter
本-青の炎
著者: 貴志祐介 (著)
定価 ¥734(税込)
BOOKFANポイント: 34 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 角川書店
シリーズ名 角川文庫
発行年月 2002年 10月
ISBNコード 9784041979068
版型 --
ページ数 495P
平均評価
(4.5)
: 3件
: 6件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 4件

新刊お知らせ登録一覧へ »

貴志祐介 OFF

内容紹介

櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。
女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。
その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。
母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。
曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。
警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意する。
自らの手で曾根を葬り去ることを…。
完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。
その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、日本ミステリー史に残る感動の名作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

貴志 祐介
1959年、大阪生まれ。京都大学経済学部卒。生命保険会社に勤務した後、フリーに。96年、「ISOLA」が第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作となり、『十三番目の人格―ISOLA―』と改題し、角川ホラー文庫より刊行される。翌年『黒い家』で第四回日本ホラー小説大賞を受賞、同作は一〇〇万部を超えるベストセラーになる

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: チコット 投稿日:2013/01/16

孤独な闘い

櫛森家の状態があまりに不憫。自分が秀一の立場なら、やはり自分が母親と妹を守らなくてはと強く感じると思う。しかし曾根、もしもちゃんとした目的があってこの家にやってきたのなら誤解されないように迷惑かけないようにしろよなぁ・・・・と思ってしまった。
しかし秀一はかなり綿密な計画と実験を繰り返していて、確かにや… >>続きを読む

ニックネーム: sun 投稿日:2012/05/27

せつない

ニックネーム: さばとら 投稿日:2010/12/17

少年が家族の為に淡々と殺しの計…

少年が家族の為に淡々と殺しの計画を立てる。
自分がこの年代でこの立場ならきっと
同じように考えてしまうだろう。
青い炎のように静かに熱く心に灯った火。
途中で消す事ができるのか、ページをメクルが止まらなかった。

最後は読んでいる私の胸が熱くなった。

【読後感】
若かさの切なさに・・・ >>続きを読む

ニックネーム: amyu 投稿日:2010/11/27

この人の本は結構好きですが中…

この人の本は結構好きですが
中でもこの1冊がお気に入りです
ミステリーとしての構成やトリックはやや無理が有るかも・・・
でも、なんとも言えない切なさや思いが染みた
思わず涙が滲む・・・
私にしては珍しい事
まだ若いときに読んだので年が近かったのもあるかな?
久しぶりに読み返してみようかな >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング