pagetop

本 黒い家

ほしい!に追加 twitter
本-黒い家
著者: 貴志祐介 (著)
定価 ¥734(税込)
BOOKFANポイント: 34 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
角川書店
シリーズ名
角川ホラー文庫
発行年月
1998年 12月
ISBNコード
9784041979020
版型
--
ページ数
392P
平均評価
(4.5)
: 8件
: 10件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
9件

新刊お知らせ登録一覧へ »

貴志祐介 OFF

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: sae 投稿日:2013/08/26

貴志祐介ファンになるきっかけになった一冊。

7年ほど前、ある本屋の平台にぶわぁーっと並んでいたこの作品。
なんとなく手に取ったソレには店員さんが書いたであろう手書きの帯が。

『怖すぎてページがめくれません…』

それまでホラー小説に興味が無かった私でしたが本当に素晴らしかったです。

本気で怖すぎてページ、めくれませんでした(笑)。

人物描写、ストーリー展開、全てドツボ。
やっぱり小説は面白い!!!!

ニックネーム: ヨチズ 投稿日:2013/06/07

現実に起こりうるホラー

皆が一様に怖いという感想を書いているので読んでみました。

表現もさることながら、このシチュエーションは現実にも起こりうるのではないかと考えさせられた。
こういう犯罪を現実にもテレビで見た気がする。
いや、見ている・・・


この物語は平成10年に書かれているが、未来を予言しているような感じがする。
実際にこの物語に似た事件が起こっているからだ。


しかし、その未来を食い止めることが自分にはできないというこの感覚を著者は最後に虫でたとえて表現している。
私はそう感じた。


そういう意味でただのホラーではない、メッセージ性のある作品であった。

ニックネーム: 7720432 投稿日:2012/08/31

とにかく不気味

保険会社に勤める主人公の若槻。客から名指しで呼ばれ自宅に伺い自殺体の第一発見者となってしまう。まもなく保険の請求が来るが、この自殺に疑問を持った若槻は独自で調査をし、事件に巻き込まれていく。
とにかく不気味で怖い!挿入として入ってくる虫の描写も気味悪さに拍車をかけている。ホラーというと幽霊などを想像してしまうが、こういうのもホラーとなるのか・・・
保険会社には勤めたくないと実感。

ニックネーム: 時告げる眠り猫 投稿日:2012/03/16

第4回日本ホラー小説大賞!!!

私的な感想を箇条書きにしてみました。
・かなり怖い。
・リアル感がある。
・作者が生命保険関係の仕事をされていた。(だからリアルに感じるのかな。)
・夢にまで出てきてうなされた。(冬に汗びっしょり。)
・映画化されているらしいのですがそれは見れそうにないです。(見る勇気がない)
・心理学と夢診断が出てくる。
・例えが虫の話になる。(なぜだろう?)
・ホラーはもうやめておこうと思った。

ニックネーム: sun 投稿日:2012/03/08

こわいけど面白い

うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング