pagetop

本 無貌の神

ほしい!に追加 twitter
本-無貌の神
著者: 恒川光太郎 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA
発行年月
2017年 01月
ISBNコード
9784041052693
版型
127×188mm
ページ数
267P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

恒川光太郎 OFF

内容紹介

この世ならざる和風情緒が漂う表題作ほか、流罪人に青天狗の仮面を届けた男が耳にした後日談、死神に魅入られた少女による七十七人殺しの顛末、人語を話す囚われの獣の数奇な運命…暴力と不条理にあふれた世界に生きるやるせなさを幻想的にあぶり出す、大人のための暗黒童話全六篇!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

無貌の神
青天狗の乱
死神と旅する女
十二月の悪魔
廃墟団地の風人
カイムルとラートリー

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: アーミー 投稿日:2017/09/24

ホラーかファンタジーか。美しい文章で恒川ワールドが出現する

ここのとrころ短編集が続いているが・・・
読んでしまった、ので、(;'∀')
やはりレポを書くことにします。

美しい文章で神秘的な世界を描きだすホラー作家、
恒川光太郎さんの短編集です。

●無貌の神
あの世と現世との間にある不思議な村に住み着いた少年が見た守り神の正体とは?
●青天狗の乱
流罪人に青天狗の仮面を届けた男が耳にした後日談
●死神と旅する女
死神に魅入られ七十七人殺しをした少女の顛末は?
●十二月の悪魔
影男と名付けた不思議な男に記憶を食べられる青年が辿る運命
●廃墟団地の風人
廃墟団地にあらわれた風のように軽い魂だけの少年。彼が友人を救うためにとった行動とは?
●カイムルとラートリー
人語を話す囚われの獣の数奇な運命...

どれもこれも現実社会を舞台にしながら、
あの世や妖怪や不思議なものたちが登場し、
得体のしれないミステリアスな世界を醸す出す小説でした。

死神と旅をして命令通りに殺人をする少女の話は印象的だったし、
カイムとラートリーのラストシーンは、
上橋さんの『獣の奏者』を思い出しました。

恒川さんはホラー小説が多いけど・・・
作品にはどこかファンタジーな雰囲気があります。
そんなところが魅力だと、再確認した短編集でした。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


ノーマンズランド

誉田哲也(著)


陸王

池井戸潤(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ