pagetop

本 不時着する流星たち

ほしい!に追加 twitter
本-不時着する流星たち
著者: 小川洋子 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA
発行年月
2017年 01月
ISBNコード
9784041050651
版型
127×188mm
ページ数
251P
平均評価
(3.5)
: 0件
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小川洋子 OFF

内容紹介

ヘンリー・ダーガー、グレン・グールド、パトリシア・ハイスミス、エリザベス・テイラー…世界のはしっこでそっと異彩を放つ人々をモチーフに、その記憶、手触り、痕跡を結晶化した珠玉の十篇。
現実と虚構がひとつらなりの世界に溶け合うとき、めくるめく豊饒な物語世界が出現する―たくらみに満ちた不朽の世界文学の誕生!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第一話 誘拐の女王
第二話 散歩同盟会長への手紙
第三話 カタツムリの結婚式
第四話 臨時実験補助員
第五話 測量
第六話 手違い
第七話 肉詰めピーマンとマットレス
第八話 若草クラブ
第九話 さあ、いい子だ、おいで
第十話 十三人きょうだい

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: こたろう 投稿日:2017/10/18

それぞれ触発された人、世界が提示されているめずらしい短編集です。

アーミーはんがレポを上梓されています。


いかにも小川洋子らしい短編集で、それぞれを読むだけでも当然楽しめるのですが(小川洋子ファンなら特に)その着想を得た人や世界などを作品の終わりに紹介していて、その事でより作品世界が深まるような印象を持ちました。


タイトルはそれぞれにどこか歪で、独自な世界を歩む、それゆえに困難を極めて「堕ちてしまう」星々のたとえているかのようです。


誘拐の女王 (ヘンリー・ダーガー)
血のつながらない十七も年上の姉が家にやってきて、私に教えてくれたことは「誘拐」だった。
襟を正して歩くその姿が浮かび上がってくる窮屈さが楽しいものがたりです。

散歩同盟会長への手紙 (ローベルト・ヴァルザー)
散歩同盟と呼ばれる集まりに参加して、文字の形をした石を探す男の物語

カタツムリの銀婚式 (パトリシア・ハイスミス)
空港の一角で硝子盤にカタツムリを這わせて競争させている奇妙な老人と出会った少女

臨時実験補助員 (放置手紙調査法)
実際に行われた手紙をおとしてまわり、どれだけ届くかを調べる調査に参加した男女の物語

測量 (グレン・グールド)
視力を失ってもマッチ棒を手にして測量をして回る祖父を手伝う少年の物語

手違い (ヴィヴィアン・マイヤー)
お見送り幼児という、葬儀に参列する子供を案内していく女性の視点から描いた小さな手違いの物語

肉詰めピーマンとマットレス (男子バレーボールアメリカ代表)
触発されたのがバレーボールチーム、それもアメリカのというのが可笑しさを誘う「R」と旅にでて旅先で大漁の肉詰めピーマンを作ってくばり、オリンピックをテレビで鑑賞するというこれも奇妙な味わいが残るお話でした。肉詰めピーマンは好きですが。

若草クラブ (エリザベス・テイラー)
リズが主演した映画若草物語のように学芸会でお芝居を演じた少女たちとハムスターのお話です。リズは八回結婚して七回離婚したんですね~

さあ、いい子だ、おいで (世界最長のホットドッグ)
なれない「サクラ文鳥」を「愛玩動物専門店」で購入し買いだした夫婦の歪んでいく動物愛のわらえない物語

十三人きょうだい (牧野富太郎)
十三人兄弟の一番下の愛すべき「サー叔父さん」との交流を描いたどこかほのぼのとした「お盆の送り」のお話。三輪車に乗って帰っていくという霊が可笑しさを誘います。


作家の発想や物語のタネを育てる過程が感じられる、どこか寂れた博物館でも訊ねたような印象が残る物語たちでした。括弧の中の人や団体が作家にヒントを与えた事物なのですが、それがどう結晶しているのかは、ぜひ自分で読んでみて欲しいと思います。


以前一度読み終えてレポを書きにくく感じて置いてあった一冊です。


今も書きにくさは残っているのですが、もう一度通読してわかりにくいレポにはなりましたが何とか書きとおしました。
心残りは少なくしておきたいので。


小川さんにはせめてもう一作、彼女らしい長編を書いてほしいものです。

ニックネーム: アーミー 投稿日:2017/05/23

小川さんの不思議ワールドが展開する短編集

小川洋子さんの
不思議ワールド満載の短編集でした。

●誘拐の女王 (ヘンリー・ダーガー)、
●散歩同盟会長への手紙 (ローベルト・ヴァルザー)
●カタツムリの銀婚式 (パトリシア・ハイスミス)
●臨時実験補助員 (放置手紙調査法)
●測量 (グレン・グールド)、
●手違い (ヴィヴィアン・マイヤー)
●肉詰めピーマンとマットレス (男子バレーボールアメリカ代表)
●若草クラブ (エリザベス・テイラー)
●さあ、いい子だ、おいで (世界最長のホットドッグ)
●十三人きょうだい (牧野富太郎)

どの作品も、その分野で異彩を放つ人々や
目立った事柄を題材にしています。
題材にしたものから、
小川さんが感じ取った世界観や人生を
巧みな文章で書かれていました。

どの作品も、少々いびつで歪んだ世界があらわされています。
それぞれの主人公の繊細な感情もしっかりと書かれ、
深みのある短編集となっていましたが、
10編はちょっと長いかな。
どれも読後感が物悲しい。
うっすらと恐怖を覚える作品もあります。
「肉詰めピーマンとマットレス」の親子愛や
「十三人きょうだい」の叔父さんとの交流のように
ほのぼのとした温かさを感じる作品もあり、
どれも、小川洋子さんの魅力が詰まっていると思います。

タイトルは
それぞれの短編の主人公のことをさしているのでしょうか。
私には、ちょっと高度な内容のお話しでした。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


ノーマンズランド

誉田哲也(著)


マスカレード・ナイト

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ