pagetop

本 喧嘩(すてごろ)

ほしい!に追加 twitter
本-喧嘩(すてごろ)
著者: 黒川博行 (著)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 85 pt
or
Tポイント: 51 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA
発行年月
2016年 12月
ISBNコード
9784041046210
版型
--
ページ数
351P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

黒川博行 OFF

内容紹介

「売られた喧嘩は買う。
わしの流儀や」建設コンサルタントの二宮は、議員秘書からヤクザ絡みの依頼を請け負った。
大阪府議会議員補欠選挙での票集めをめぐって麒林会と揉め、事務所に火炎瓶が投げ込まれたという。
麒林会の背後に百人あまりの構成員を抱える組の存在が発覚し、仕事を持ち込む相手を見つけられない二宮はやむを得ず、組を破門されている桑原に協力を頼むことに。
選挙戦の暗部に金の匂いを嗅ぎつけた桑原は大立ち回りを演じるが、組の後ろ盾を失った代償は大きく―。
腐りきった議員秘書と極道が貪り食う巨大利権を狙い、代紋のない丸腰の桑原と二宮の「疫病神」コンビ再び。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: darkly 投稿日:2017/06/13

安定感はあるが。

黒川さんの「疫病神」シリーズの最新刊です。ご存知の方も多いと思いますが、前作「破門」で直木賞を受賞しました。

主人公の二宮は自称建設コンサルタント。コンサルタントとは名ばかりで仕事内容は、建設がらみに介入してくる暴力団に困った建設会社からの依頼を受け、他の暴力団にその暴力団を抑えることを依頼する「サバキ」というもの。


二宮は選挙戦での票集めに関するトラブルを他の暴力団を使って抑える仕事を請け負ったが、相手が悪く、どこの暴力団も依頼を受けてくれない。仕方なしに桑原(疫病神)に依頼をする。桑原は前作「破門」で組から破門されており、形上は「カタギ」ということになっている。


二宮と桑原が動き出すと、直接関係のない暴力団から尾行されトラブルに。やがて、依頼された仕事には裏があることが判明し・・・


二宮のまったりとした日常が、桑原が登場することにより、にわかに動き出す。シリーズ特有の軽妙な会話のやり取りを挟みながら、段々と物語は加速し、一気にクライマックスへ。


ただ、最後にもう一波乱あるのかと思いきやあっさりと終わる。ちょっとがっかり。それでも話の作り方はうまいなあと思います。なんといってもキャラがいい。二宮や桑原も当然ですが、脇役についてもそれぞれ魅力的です。


ちなみに喧嘩(ステゴロ)とは、素手での喧嘩のことです。そして桑原は滅法強い。このシリーズがまだまだ続きそうな結末になってます。


私は基本的に物を考えるのが好きなので、読む本も割とそういったものが多いのですが、たまにこういう何も考えずにジェットコースターに乗ったようにラストまで作者に持って行ってもらうみたいな小説が読みたくなります。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
いよいよ最終週!真夏のポイント50倍カーニバル!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

オーバーロード12 聖王国の聖騎士

丸山くがね(著)


AX(アックス)

伊坂幸太郎(著)


女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ