pagetop

本 今森光彦ネイチャーフォト・ギャラリー 不思議な生命に出会う旅・世界の昆虫

ほしい!に追加 twitter
本-今森光彦ネイチャーフォト・ギャラリー 不思議な生命に出会う旅・世界の昆虫
著者: 今森光彦 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 偕成社
シリーズ名 今森光彦ネイチャーフォト・ギャラリー
発行年月 2008年 07月
ISBNコード 9784030165106
版型 --
ページ数 94P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

今森光彦 OFF

内容紹介

世界の昆虫をテーマに写真家自らが選んだ22点の代表作。
小学校高学年以上。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

彗星ランを訪れたキサントパンスズメガ/オオアカエリトリバネアゲハと少年/ランの花にとまるハナカマキリ/裸電球のまわりを飛ぶスラカヤママユガ/サバクワタリバッタの群れ/オオオニバスとスジコガネモドキ/アマゾン川とイリオネウスフクロウチョウ/糞ボールをころがすスカラベ/威嚇するマノハナカマキリ/地面に隠れるイシバッタ〔ほか〕

著者情報

今森 光彦
1954年、滋賀県大津市生まれ。学生のころからカメラを手にマレーシア、インドネシアなどを旅し、卒業後、フリーランスの写真家として活動をはじめる。それ以降、南北アメリカ、オーストラリア、マダガスカル、中国、東南アジア、ヨーロッパなど、数十回にわたる取材を重ね、昆虫をとおして見る世界の自然環境を、熱帯雨林から砂漠まであますところなく撮影している。なかでも、学生時代に、昆虫学者、阪口浩平氏の『図説世界の昆虫』の制作助手を務めたことがきっかけで魅せられたスカラベの取材では、1983年より毎年3ヶ月ずつ8年間にわたってアフリカに通い、延べ取材日数は2年4ヶ月の長期におよんだ。アングレカム・セスキペダレの蜜を吸うキサントパンスズメガや、ラフレシアの受粉メカニズム、17年ゼミと13年ゼミの同時発生など、世界初となる映像も数多く撮影し、独自の映像美とすぐれた記録性をもつその写真は世界各国で紹介され、高い評価を得ている。近年は、昆虫採集を日本の重要な子どもの遊びの文化としてとらえ、昆虫ファンを復活させるべく観察イベントもおこなっている。写真集や写真絵本など、数多くの昆虫関係の著書がある。東川賞・新人作家賞、木村伊兵衛写真賞、毎日出版文化賞、産経児童出版文化賞大賞、滋賀県文化賞、日本写真協会年度賞、小学館児童出版文化賞など、数多くの賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ