pagetop

本 初雪のふる日

ほしい!に追加 twitter
本-初雪のふる日
著者: 安房直子 (著)
こみねゆら (画)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 偕成社
発行年月 2007年 12月
ISBNコード 9784030164505
版型 --
ページ数 30P
平均評価
(4.5)
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

安房直子 OFF
こみねゆら OFF

内容紹介

秋のおわりの寒い日に、村の一本道にかかれた、どこまでもつづく石けりの輪。
女の子はとびこんで、石けりをはじめます。
片足、片足、両足、両足…。
ふと気がつくと、前とうしろをたくさんの白うさぎたちにはさまれ、もう、とんでいる足をとめることができなくなっていたのです。
北の方からやってきた白うさぎたちにさらわれてしまった女の子のお話。
5歳から。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

こみね ゆら
熊本に生まれる。東京芸術大学絵画科、同大学大学院修了。フランスに留学して絵本、人形の仕事を始める。帰国後、フランスと日本の絵本や挿し絵の仕事を手がけている。『さくら子のたんじょう日』(宮川ひろ作/童心社)で日本絵本大賞絵本賞を受賞。東京在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
安房 直子
1943年東京に生まれる。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事、「目白児童文学」「海賊」を中心に、かずかずの美しい物語を発表。『さんしょっこ』第三回日本児童文学者協会新人賞、『北風のわすれたハンカチ』第十九回サンケイ児童出版文化賞推薦、『風と木の歌』第二十二回小学館文学賞、『遠い野ばらの村』第二十回野間児童文芸賞、『山の童話 風のローラースケート』第三回新見南吉児童文学賞、『花豆の煮えるまで―小夜の物語』赤い鳥文学賞特別賞、受賞作多数。1993年永眠

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2011/11/30

初雪が降る日に北の国から白いうさぎたちがやってくるって知っていましたか?

安房さんのお話はどこか悲しげで心に沁みます。
ろうせきで道に書かれた長い石けりの輪を見つけて飛び始めた少女が気が付いたら白いウサギたちに囲まれています。そのままさらわれていく少女。春のよもぎの唄を歌うことでかいほうされます。
昔聞いた神隠しもこういうのかなと思ってしまいました。
ただ残念なのは安房さん… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

絵本・児童書のランキング

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版

J.K.ローリング(著)


あっちゃんあがつく たべものあいうえお

さいとうしのぶ(著)


もうぬげない

ヨシタケシンスケ(作)


ランキング一覧へ