pagetop

本 クラゲの光に魅せられて ノーベル化学賞の原点

ほしい!に追加 twitter
本-クラゲの光に魅せられて ノーベル化学賞の原点
著者: 下村脩 (著)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 朝日新聞出版
シリーズ名 朝日選書 855
発行年月 2009年 06月
ISBNコード 9784022599551
版型 --
ページ数 166P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

下村脩 OFF

この商品について

「一番信頼でき、安心できるのは自分で考えること」。
下村博士の、2008年ノーベル化学賞受賞記念公演をもとにした本。
原点を語り、若い世代を勇気づける。

内容紹介

「私のGFPの発見は天の導きによるものであり、天は私を使って人類にGFPを与えたのではないかと思うことがあります」。
1961年、オワンクラゲの発光物質を研究していた著者が発見した緑色蛍光タンパク質GFPは、いまや医学・生命科学の分野に欠かせない物質として応用されている。
興味あることに遭遇したら、絶対あきらめずに成功するまで頑張ろう、どんなに難しいことでも努力すれば何とかなる―ノーベル化学賞受賞となった原点を語り、若い世代を勇気づける著者初の日本語による本。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 天の導くままに―発光生物と半世紀/2 できることは全部やった/3 実験デモンストレーション(近江谷克裕)/4 光の魅力、探究する喜び/二〇〇六年度「朝日賞」での受賞スピーチ(下村脩)/電話座談会の司会を務めて(高橋真理子)/ストックホルムの下村さん(行方史郎)

著者情報

下村 脩
1928年京都府生まれ。1951年長崎医科大学附属薬学専門部卒業。1955年名古屋大学に国内留学(平田義正研究室)、1958年長崎大学薬学部助手、1960年理学博士(名古屋大学)、1960年米プリンストン大学研究員(フルブライト奨学生)、1963年名古屋大学助教授。1965年米プリンストン大学上席研究員、1981年米ボストン大学客員教授、1982年米ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員。2001年同研究所退職。2008年同研究所特別上席研究員。自宅の研究室で研究活動を続ける。2006年度朝日賞、2008年ノーベル化学賞、文化勲章を受ける。米マサチューセッツ州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ