pagetop

本 この国のすがたと歴史

ほしい!に追加 twitter
本-この国のすがたと歴史
著者: 網野善彦 (編著)
森浩一 (編著)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 朝日新聞社
シリーズ名 朝日選書 776
発行年月 2005年 05月
ISBNコード 9784022598769
版型 --
ページ数 237P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

網野善彦 OFF
森浩一 OFF

内容紹介

「日本列島は海を通じて四方に開かれ、アジア大陸の北と南をつなぐ架け橋の役割をはたす位置にあります。
北からも南からも、西からも東からも人や物の出入りがあったと考えられ、列島外の影響をうけつつ、多様な社会が列島各地に生まれていったのです」(網野)。
「戦後の考古学では遠隔地間の物の動きを、政治的に与えたりもらったり、献上するととらえる考え方が強すぎました。
しかし、ふつうの交易は数え切れないほどあったのです。
文献に出てくる事実だけが歴史であると思い込みすぎていたのではないでしょうか」(森)。
歴史家・網野善彦と考古学者・森浩一が、遺跡や文献などの資料をもとに人びとの交易の実際に迫り、「日本文化」や「日本社会」のすがたを新たな視点から縦横無尽に語り合う。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 日本文化のかたち(縄文文化の見直し/縄文人の知恵/栗の果たした役割 ほか)/2 列島をめぐる交流(東アジアのなかの八丈島/古代人の大航海/黒曜石をめぐる航海 ほか)/3 この国のすがた(技術を支える基盤/驚くべき識字率の高さ/漢字と仮名 ほか)

著者情報

森 浩一
考古学者。専門分野は日本考古学、日本文化史学。1928年大阪府生まれ。同志社大学文学部卒業
網野 善彦
歴史家。専門分野は日本中世史、日本海民史。1928年山梨県生まれ。東京大学国史学科卒業。2004年2月死去

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


すえずえ

畠中恵(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ