pagetop

本 悪人

ほしい!に追加 twitter
本-悪人
著者: 吉田修一 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
朝日新聞社
発行年月
2007年 04月
ISBNコード
9784022502728
版型
--
ページ数
420P
平均評価
(4.5)
: 4件
: 4件
: 2件
: 0件
: 0件
ブクレポ
4件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉田修一 OFF

この商品について

【本屋大賞ノミネート作品】
朝日新聞に連載していた傑作長編。ミステリーで、ラヴストーリーで。しのびよる気配。「悪人」は誰なのか?!「悪人」の「悪」は何が悪いのか?!本書の中にその答えのひとつがあるかもしれない。

内容紹介

保険外交員の女が殺害された。
捜査線上に浮かぶ男。
彼と出会ったもう一人の女。
加害者と被害者、それぞれの家族たち。
群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。
なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: Free Style 投稿日:2011/03/11

可もなく不可もなく・・・淡々と…

可もなく不可もなく・・・淡々と第3者的に読んでしまった。

ロケーションなどはとても詳細に描かれていて情景が浮かぶが
登場人物に気持ちが寄り添え切れなかった
あえて寄り添えたのは殺害された女性の父親ぐらい

祐一の事は彼にかかわった人間からの情報が大部分を占めるので
人物像的には想像がつくんですが、彼の気持ちの揺れ動きが分からないので
のめり込めなかった

一瞬で盛り上がり光代を逃避行へと駆り立てた気持ちと
逃避行の行く末の気持ちの落差にもやもやした。

ニックネーム: 27 投稿日:2010/10/13

映画よりも詳しく書かれているの…

映画よりも詳しく書かれているので祐一が何故母親にお金をせびっていたのか等の理由が分かります。

「悪人」とは一体誰なのか?
と言うよりも誰もが「悪人」になりえるのではないか?
そしてそれを選ばないと言う選択ができるのも理性がある人間であると思わせられた作品。

ニックネーム: michi 投稿日:2010/08/28

法で裁かれない人は悪人じゃな…

法で裁かれない人は悪人じゃない=善人なのか。。。。?
という疑問が残る登場人物が多かったです。
それと皆、自分勝手で独りよがりでした。
なので、一人一人に少しずつ嫌悪感を持ってしまうんです。
こういう人が自分の近くにいたらイヤだなぁと。
ただ、その人物の生きてきた背景や口に出せない想いを知るごとに
丸ごと悪人、丸ごと善人、っていないもんだわな。。。と
彼らの孤独と切なさに同情的な気持ちも湧いてきます。
でも決して共感はできない、というよりも、
絶対に共感したくないなと強く思ってしまいました。
ダントツでそう思わせたのは、殺害された佳乃。
親にとっては可愛い娘でしょうが、
人から愛されるような人間じゃないですよ~。
最後まで、好きになれないキャラだったな 笑。
佳乃の両親が、自分たちの営む理髪店で
お客さんの耳に入るところで交わすやりとりがあるんですが、
私、そこで佳乃の母親・里子に嫌悪感を抱いたんです。
無神経というか、羞恥心の欠けてる人だなぁと。。。。
佳乃を知るたびに、そのシーンが蘇ってきました。
また、増尾にしても、主人公・祐一にしても
その人間性が、
育てられた人に大きく影響を受けているなと思いました。
自分を正当化するために誰かを犠牲にするか
誰かを守るために自分が悪人になるか
悪人か善人かということに加えて
弱い人間とは? 強い人間とは?
というようなことも考えさせられました。
欲望や見栄は、人を変えることがあるし、
孤独や寂しさで、物事の本筋が見えなくなることもある、
こうなると、いつも本気で朴訥で不器用な祐一が
気の毒になってくるのですが、
正直さや愛や優しさだけで生きていくのは
とても難しい世の中なんだなぁと思います。
“何を考えているかわからない男”だった祐一の
強烈な愛情が描かれていたラストを読み、
割り切れない複雑な想いが、長く尾を引いています。

ニックネーム: usako7974 投稿日:2010/04/24

福岡に住んでいたことがあったの…

福岡に住んでいたことがあったので、細かい描写に懐かしさを感じながら読みました。

主軸のストーリーも切なくてどうしようもない痛みを感じましたが、他にも現代社会を鋭く描写するエピソードがあって、読んでいて悲しくなりました。

本当の優しさってなんだろう、善と悪ってなんだろうと思いました。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

蜜蜂と遠雷

恩田陸(著)


九十歳。何がめでたい

佐藤愛子(著)


素敵な日本人 東野圭吾短編集

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ