pagetop

本 日本の古代文化

ほしい!に追加 twitter
本-日本の古代文化
著者: 林屋辰三郎 (著)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
岩波書店
シリーズ名
岩波現代文庫 学術 166
発行年月
2006年 11月
ISBNコード
9784006001667
版型
--
ページ数
335,18P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

林屋辰三郎 OFF

内容紹介

現代日本人にとって、古代文化とは何か―農耕文化の誕生から律令国家の展開にいたる古代文化の意味を、歴史・社会との関連で解明しようと試みた戦後歴史学の古典。
神々の座としての「杜」、大和王権への統合と「前方後円墳」、仏教受容と「伽藍」、氏族制から官司制への道「国史」、律令国家の象徴「都城」、これら五つの魅力的な概念から立体的に叙述する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 杜(もり)―農耕文化の誕生(「神武東征」の意味/東アジア世界の波紋 ほか)/2章 前方後円墳―楯状の伝統(古墳の形成/服属の儀礼 ほか)/3章 伽藍―内乱と思想(継体・欽明朝の内乱/仏教と神話 ほか)/4章 国史―官司と記録(修史の条件/「革命」の気運 ほか)/5章 都城―律令制の文化類型(都城生活の成立/平城京と外京 ほか)

著者情報

林屋 辰三郎
1914‐98年。日本史研究者。38年、京都大学文学部卒業。立命館大学教授、京都大学人文科学研究所教授、京都国立博物館長を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一(著)


君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


バカ論

ビートたけし(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ