pagetop

本 日本の近代とは何であったか 問題史的考察

ほしい!に追加 twitter
本-日本の近代とは何であったか 問題史的考察
著者: 三谷太一郎 (著)
定価 ¥950(税込)
BOOKFANポイント: 44 pt
or
Tポイント: 26 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
岩波書店
シリーズ名
岩波新書 新赤版 1650
発行年月
2017年 03月
ISBNコード
9784004316503
版型
--
ページ数
276,4P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

三谷太一郎 OFF

内容紹介

政党政治を生み出し、資本主義を構築し、植民地帝国を出現させ、天皇制を精神的枠組みとした日本の近代。
バジョットが提示したヨーロッパの「近代」概念に照らしながら、これら四つの成り立ちについて解き明かしていく。
学界を主導してきた政治史家が、日本近代のありようについて問題史的に考察する重厚な一冊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったか/第1章 なぜ日本に政党政治が成立したのか(政党政治成立をめぐる問い/幕藩体制の権力抑制均衡メカニズム ほか)/第2章 なぜ日本に資本主義が形成されたのか(自立的資本主義化への道/自立的資本主義の四つの条件 ほか)/第3章 日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか(植民地帝国へ踏み出す日本/日本はなぜ植民地帝国となったか ほか)/第4章 日本の近代にとって天皇制とは何であったか(日本の近代を貫く機能主義的思考様式/キリスト教の機能的等価物としての天皇制 ほか)/終章 近代の歩みから考える日本の将来(日本の近代の何を問題としたのか/日本の近代はどこに至ったのか ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


わたしを離さないで

カズオ・イシグロ(著)


未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

河合雅司(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ