pagetop

本 本は、これから

ほしい!に追加 twitter
本-本は、これから
著者: 池澤夏樹 (編)
定価 ¥885(税込)
BOOKFANポイント: 41 pt
or
Tポイント: 24 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 岩波書店
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1280
発行年月 2010年 11月
ISBNコード 9784004312802
版型 --
ページ数 244P
平均評価
(4)
: 1件
: 2件
: 1件
: 1件
: 0件
ブクレポ 3件

新刊お知らせ登録一覧へ »

池澤夏樹 OFF

この商品について

あなたにとって「本」とはいったい何か。それはいかに変貌するのか。

内容紹介

グーテンベルク革命から五世紀。
電子の端末が膨大なコンテンツから美しい「ページ」を開くこの時代、あなたにとって「本」とはいったい何か。
それはいかに変貌するのか。
書店・古書店・図書館・取次・装丁・編集、そして練達の書き手・読み手の位置から、鋭いアンテナの持ち主たちが応える―本の過去と未来を俯瞰する三七のエッセイ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

電子書籍時代(吉野朔実)/本の棲み分け(池内了)/発展する国の見分け方(池上彰)/歩き続けるための読書(石川直樹)/本を還すための砂漠(今福龍太)/本屋をめざす若者へ(岩楯幸雄)/書物という伝統工芸品(上野千鶴子)/活字中毒患者は電子書籍で本を読むか?(内田樹)/生きられた(自然としての)「本」(岡崎乾二郎)/本を読む。ゆっくり読む。(長田弘)〔ほか〕

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2014/03/27

電子書籍の普及で問い直される読書の意味と書籍のこれからを論じます。

2010年時点での、紙の本と電子書籍をめぐるあれこれを37人の方が語っています。
様々な意見が出てきて、電子書籍反対派もあり、賛成派もあり、容認する方も嘆く方もいろいろなのですが、総じてそれが、「本を読む」とは何を意味するのか? について原点に戻って考えてみる行為になっていくのが面白かったです。


書痴と呼… >>続きを読む

ニックネーム: Tucker 投稿日:2013/02/16

不易流行

「本は、これから」
をテーマにした37人のエッセイ。

「これから」の部分には、当然、電子書籍と紙の本の関係性についても含まれるし、それが大きなウェイトを占める。
電子書籍の話については(当たり前ながら)それぞれ温度差がある。

自分も以前、電子書籍を読んでみたが、その時、初めて気がついたのは
「全体のどの辺… >>続きを読む

ニックネーム: クロニスタ 投稿日:2012/05/13

ほんとにどうなる?

電子書籍は市場を席捲するのか、それとも紙の本がしぶとく生き残り、駆逐するのか。作家、編集者、装丁家、書店員、図書館員、古書店主など、本に関わる様々な職業の方が、今後を予想している本。

誰の予想が当るのか、ぶっちゃけわからない。そこが面白い。思いもしなかった切り口から攻められる。非常に示唆に富む内… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


すえずえ

畠中恵(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ