pagetop

本 ジャーナリズムの可能性

ほしい!に追加 twitter
本-ジャーナリズムの可能性
著者: 原寿雄 (著)
定価 ¥799(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 岩波書店
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1170
発行年月 2009年 01月
ISBNコード 9784004311706
版型 --
ページ数 212P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

原寿雄 OFF

内容紹介

権力との癒着、過熱する事件報道、強まる自己検閲…。
マスコミへの不信・批判が叫ばれて久しい。
しかし有効な解決策を見出せぬまま法規制の動きも強まっている。
いま原点に戻って、ジャーナリズム本来の力、役割を問い直す必要があるのではないか。
長年の現場体験を踏まえ、放送、新聞の現状を検証し、再生の道を構想する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 問われるジャーナリズムの権力観/第1章 権力監視はどこまで可能か/第2章 強まる法規制と表現の自由/第3章 ジャーナリズムの自律と自主規制/第4章 放送ジャーナリズムを支えるもの/第5章 世論とジャーナリズムの主体性/第6章 ジャーナリズムは戦争を防げるか/第7章 ジャーナリズム倫理をいかに確立するか/終章 ジャーナリズム再生をめざして

著者情報

原 寿雄
1925年神奈川県生まれ。1950年東京大学法学部卒業。(社)共同通信社社会部記者、バンコク支局長、外信部長を経て77年に編集局長、85年に専務理事・編集主幹。1986年から92年まで(株)共同通信社社長。1994年民放連放送番組調査会委員長。2000年「放送と青少年に関する委員会」委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


ストライク・ザ・ブラッド 16

三雲岳斗(著)


アクセル・ワールド 21

川原礫(著)


ランキング一覧へ