pagetop

本 子どもが育つ条件 家族心理学から考える

ほしい!に追加 twitter
本-子どもが育つ条件 家族心理学から考える
著者: 柏木惠子 (著)
定価 ¥842(税込)
BOOKFANポイント: 39 pt
or
Tポイント: 23 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 岩波書店
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1142
発行年月 2008年 07月
ISBNコード 9784004311423
版型 --
ページ数 228P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

柏木惠子 OFF

内容紹介

自己肯定感の低下、コミュニケーション不全の高まりなど、子どもの「育ち」をめぐって、様々な“異変”が起きている。
一方、子育てのストレスから、虐待や育児放棄に走る親も目立つ。
こうした問題の要因を、家族関係の変化や、親と子の心理の変化に注目して読み解き、親と子ども双方が育ちあえる社会の有り様を考える。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 育児不安の心理(日本に顕著な育児不安―「母の手で」規範の陰に/「子育てだけ」が招く社会的孤立/父親の育児不在という問題)/第2章 「先回り育児」の加速がもたらすもの―少子化時代の子どもの「育ち」(変わる子どもの価値―子どもを「つくる」時代の親の心理/「少子良育戦略」と子どもの「育ち」/「よい子の反乱」が意味するもの―顕在化する親子の葛藤)/第3章 子育て、親子を取巻く家族の変化(「便利さ」は家族をどう変えたのか/変貌する結婚と家族/高まる家族内ケアの重要性)/第4章 子どもが育つ条件とは―“人間の発達”の原則からみる(“人間の発達”の原則と子育て/「子育て支援」から「子育ち支援」へ/子育てを社会化する意義)/第5章 子どもも育つ、親も育つ―“生涯発達”の視点(子どもの育ちと親の育ち/急がれるワーク・ライフ・バランスの確立)

著者情報

柏木 惠子
1932年、千葉県生まれ。東京女子大学文学部卒業、東京大学大学院教育心理学専攻博士課程修了。教育学博士。現在、東京女子大学名誉教授。専攻は発達心理学、家族心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ