pagetop

本 嫁と姑

ほしい!に追加 twitter
本-嫁と姑
著者: 永六輔 (著)
定価 ¥820(税込)
BOOKFANポイント: 7 pt
or
Tポイント: 7 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
岩波書店
シリーズ名
岩波新書 新赤版 711
発行年月
2001年 01月
ISBNコード
9784004307112
版型
--
ページ数
173P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

永六輔 OFF

内容紹介

「秋茄子は嫁に食わすな」「姑と嫁の仲の良いのは物怪の不思議」―昔から嫁姑をめぐる諺には事欠かない。
諺や語録、対談・講演録を通じて、嫁姑のこれまでとこれからを語り、賢いつきあい方を考える。
『夫と妻』『親と子』に続き、家族のかたちを考える三部作の完結編。
読者のリクエストに応えて、ご存じ、六輔辻説法はいよいよ快調。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 いままで―「苛びられはじかれ睨められ」/2 どうして―「嫁の留守は姑の正月」/3 たとえば―「褒めればだんだんよくなります」/4 いまは―「姑がいなかったら別れてるわね」/5 これから―「ちがうというのがあたりまえ」

著者情報

永 六輔
1933年、東京浅草に生まれる。本名、永孝雄。早稲田大学文学部在学中より、ラジオ番組や始まったばかりのテレビ番組の構成にかかわる。放送作家、作詞家、司会者、語り手、歌手などとして、多方面に活躍
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

ユートピア

湊かなえ(著)


魔法科高校の劣等生(26) インベージョン編

佐島勤(著者)


人魚の眠る家

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ