pagetop

本 三びきのコブタのほんとうの話

ほしい!に追加 twitter
本-三びきのコブタのほんとうの話
著者: ジョン・シェスカ (著)
レイン・スミス (画)
いくしまさちこ (訳)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
岩波書店
シリーズ名
大型絵本
発行年月
1991年 11月
ISBNコード
9784001106121
版型
--
ページ数
1冊
平均評価
(4.5)
: 1件
: 3件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
3件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ジョン・シェスカ OFF
レイン・スミス OFF
いくしまさちこ OFF

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ムーミン2号 投稿日:2012/03/01

何が本当なのか? 余計に分からなくなってきたゾ。

真実は一つであっても、それをどの立場で説明するかでハナシはガラリと変わることがある。
黒澤明監督の『羅生門』がそんな映画であることは周知のことだろうが、だれのハナシが本当なのか、混乱するばかりだ。

この絵本を読んで、まだ明かされていないことを探ることができる。
コブタは何故わらで家を建てたのか、木の枝で家を建てたのか。どちらも亡くなってしまい、証言を得ることができないのが残念だ。
特にわらの家に住んでいた長兄は、オオカミの訪問に返事すらせず、家の中にこもっていたのはどんな理由からか、是非お話を伺いたいものだ。単に怖かったのか、黙っていればいなくなると思ったのか。しかし、既にお亡くなりになっているので真実は永遠に明かされない。
そもそも、3匹がなぜばらばらに家を建てて別々に住んでいるのだるう。三びきのコブタのもともとの話では、最初別々に住んでいたのに、オオカミに襲われ逃げ出して、結局3匹が一緒にレンガの家に住むことになる。はなから一緒に住んだ方がお金もかからないだろうに・・・。3匹目のブタの表情からすると、彼は相当にひねくれた性格のようなので、兄とはいえ決して家には入れず、自分だけが立派な家に住んでいたのかもしれない。ただこのコブタは真実を語ってくれそうにはない。

なんていうように、いろいろと想像をたくましゅうさせてもらえる絵本だった。絵はキレイだ。人がよさそうなオオカミに比して、ブタは相当憎々しげに描かれている。オオカミが収監されている刑務所の看守もブタさんだ。作者はブタに何か面白くない思い出でもあるのかもしれない。

どこまでが本気でどこまでが冗談か、自分でも分からなくなってきたので、このあたりでレポ終了。

ところで、この絵本、何才くらいから面白いって思うのかなぁ? いろんな垢がたまりまくっている大人には、シニカルな物語と片方の頬をひきつらせるばかりだが。

ニックネーム: hi2515 投稿日:2010/09/18

エーそうなの!?ってつい思って…

エーそうなの!?ってつい思ってしまう。
人間の思い込みって凄いよね。
誰でも知っている『三びきのコブタのお話』がこんなお話になるんだって・・
そんなバカなと言う節もあるのだけれど、誰でも最初に入った情報ってすっかり真に受けて第二、第三の情報をないがしろにする所ってあるよね。
物事はきちんと捉えなくっちゃって考えさせられる一冊でした。

ニックネーム: Aoki 投稿日:2010/04/02

視点をかえることの大切さ。

視点をかえることで物事に対する考え方も違ってくる。広い視野って必要だなァと感じる。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

絵本・児童書のランキング

ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ

今泉忠明(監修)


続ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ

今泉忠明(監修)


ぜったいにおしちゃダメ?

ビル・コッター(さく)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ