pagetop

本 フランスアンシアン・レジーム論 社会的結合・権力秩序・叛乱

ほしい!に追加 twitter
本-フランスアンシアン・レジーム論 社会的結合・権力秩序・叛乱
著者: 二宮宏之 (著)
定価 ¥6,480(税込)
BOOKFANポイント: 300 pt
or
Tポイント: 180 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 岩波書店
発行年月 2007年 03月
ISBNコード 9784000246361
版型 --
ページ数 386,13P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

二宮宏之 OFF

内容紹介

「身体性と心性」「ソシアビリテ」「権力と表象の社会史」―豊かな方法論を提唱して、現代歴史学の革新に寄与しつづけた著者。
歴史に対するその深い洞察は、“いま”を生きることの切実な問い直しから生まれ、アンシアン・レジーム期フランス史という具体的なフィールドのなかで彫琢されてきた。
パリ近郊フルーリ村の生活を分析した仏語論文の翻訳、ブルターニュの農民叛乱をめぐる「権力の社会史」を描いた論文などの重要論考を集成し、著者の研究の軌跡を通観する初めての論文集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

アンシアン・レジームの国家と社会/第1部 転形期の政治と経済(フランス絶対王政の領域的・人口的基礎/転換期の土地経営における領主・地主・小作関係/領主制の「危機」と半封建的土地所有の形成 ほか)/第2部 社会的結合(参照系としてのからだとこころ―歴史人類学試論/結びあうかたち―ソシアビリテ論の射程とその目指すところ)/第3部 権力と表象の社会=文化史へ(フランス絶対王政の統治構造/王の儀礼/辺境の叛乱―「印紙税一揆」覚え書)

著者情報

二宮 宏之
1932年生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒。フランス社会史専攻。東京外国語大学、フェリス女学院大学などで研究・教育に当たる。2006年3月歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ