pagetop

小説・エッセイ


NEW!新刊(11/14~12/14)

毎週金曜更新!

小説・エッセイ ランキング ベスト20

2018.12.14 更新!
このミステリーがすごい! 2018年のミステリー&エンターテインメントベスト20 2019年版 元祖、ミステリー&エンターテインメント・ランキングBOOKの決定版、30周年号です! 巻頭には、ミステリー好きを公言し、小説家デビューも果たした乃木坂46の高山一実さんのインタビューを収録。各業界人も注目する、絶大な信頼を誇る2018年の国内&海外新作ミステリー小説ランキング・ベスト20をはじめ、この30年間の『このミス』1位の中から1位を選ぶ「キング・オブ・キング」ランキングも発表します。超人気作家による自身の新刊情報&特別エッセイなど、人気コンテンツも充実の一冊。

このミステリーがすごい! 2018年のミステリー&エンターテインメントベスト20 2019年版

『このミステリーがすごい!』編集部 (編)

平成くん、さようなら 平成を象徴する人物としてメディアに取り上げられ、現代的な生活を送る「平成くん」は合理的でクール、性的な接触を好まない。だがある日突然、平成の終わりと共に安楽死をしたいと恋人の愛に告げる。愛はそれを受け入れられないまま、二人は日常の営みを通して、いまの時代に生きていること、死ぬことの意味を問い直していく。なぜ平成くんは死にたいと思ったのか。そして、時代の終わりと共に、平成くんが出した答えとは―。『絶望の国の幸福な若者たち』『保育園義務教育化』などで若者の視点から現代日本について考えてきた著者が、軽やかに、鋭く「平成」を抉る!

平成くん、さようなら

古市憲寿 (著)

言葉の品格

イギジュ (著)