pagetop

2015年マンガ大賞

マンガ大賞とは?

書店員を中心とした有志による選考委員・実行委員が、今一番フレッシュなマンガを選考員の投票で決める賞です
投票対象:2015年に刊行されたマンガ(最新刊が8巻以下)のもの

大賞

ゴールデンカムイ

野田サトル(著)

「不死身の杉元」日露戦争での鬼神の如き武功から、
そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、
かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。
そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!?
「黄金を巡る生存競争」開幕!

野田サトルの関連作品はこちら

電子書籍版はこちら

ノミネート作品

2位

ダンジョン飯

九井諒子(著)

ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまったライオス一行。このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう…。「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ!

九井諒子の関連作品はこちら

3位

BLUE GIANT

石塚真一(著)

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩。「世界一のジャズプレーヤーになる!」努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

石塚真一の関連作品はこちら

電子書籍版はこちら

4位

僕だけがいない街

三部けい (著)

毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼は、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ!この現象が、藤沼にもたらすものは輝く未来?それとも…。

三部けいの関連作品はこちら

5位

百万畳ラビリンス

たかみち(著)

人と関わるのが苦手な礼香は、ゲーム会社でバグ探しのアルバイトをしていたが、ルームメイトの庸子と共に木造迷路に迷い込んでしまい…!?ミステリーファンタジー!

たかみちの関連作品はこちら

電子書籍版はこちら

6位

波よ聞いてくれ

沙村広明(著)

舞台は北海道サッポロ。主人公の鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。激高したミナレはラジオ局に突撃するも…?!まさに、波よ聞いてくれ、なのだ!

沙村広明の関連作品はこちら

電子書籍版はこちら

7位

恋は雨上がりのように

眉月じゅん (著)

橘あきら。17歳。高校2年生。感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。その相手はバイト先のファミレス店長。海辺の街を舞台に青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなす小さな恋のものがたり。

眉月じゅんの関連作品はこちら

電子書籍版はこちら

8位

町田くんの世界

安藤ゆき(著)

物静かでメガネ。そんな外見とは裏腹に成績は中の下。アナログ人間で不器用。なのに運動神経は見た目どおりの町田くん。得意なことが何もないと本人は思っていますが周りからは愛されています。その理由とは…?

安藤ゆきの関連作品はこちら

電子書籍版はこちら

9位

東京タラレバ娘

東村アキコ (著)

「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」そんなにイケていないはずじゃないのに気づいたらアラサ―になっていた倫子。6年後の東京オリンピックまでには結婚したいと思うけど…。東村アキコの女子に対する鋭い視点と笑いがさく裂する最新作!!

東村アキコ の関連作品はこちら

電子書籍版はこちら

10位

岡崎に捧ぐ

山本さほ(著)

作者・山本さほさんが、実際の幼馴染み・岡崎さんとのちょっと特殊な友情を描いた“超プライベート”なふたりの歴史。出会いは小学生時代の1990年代。懐かしいたくさんのゲームやおもちゃ、笑いと涙のエピソードが、私たちみんなが持つ普遍的な記憶を呼び起こします!

山本さほの関連作品はこちら

電子書籍版はこちら

11位

とんかつDJアゲ太郎

イーピャオ(原案)/小山ゆうじろう(漫画)

東京・渋谷、その片隅に一軒のとんかつ屋がある。その名も「しぶかつ」。三代目の揚太郎は、父・揚作のもと、なんとなく見習い修業を続ける毎日だったが…。――これは、とんかつDJとして踏み出した少年の青春物語である。

小山ゆうじろうの関連作品はこちら

電子書籍版はこちら