pagetop

マンガ大賞2011

マンガ大賞とは?

書店員を中心とした有志による選考委員・実行委員が、今一番フレッシュなマンガを選考員の投票で決める賞です
投票対象:2010年に刊行されたマンガ(最新刊が8巻以下)のもの

2011年大賞

3月のライオン

3月のライオン

羽海野チカ (著)

【ユーザーレビュー】
シリーズ総合的にここに書こう。泣ける。
全部が全部、こんなに惹き込まれるものも無いんではなかろうか。

全巻セットはこちら
「羽海野チカ」の本はこちらから

2011年ランキング

乙嫁語り

森薫(著)

乙嫁語り

【ユーザーレビュー】
画が好き。民族衣装や布のデザインが綺麗。物語自体もほのぼのできて良い。
これからも読んでみたい作品です。

「森薫」関連商品はこちらから

アイアムアヒーロー

花沢健吾(著)

アイアムアヒーロー

【ユーザーレビュー】
今出ている作品を全て読んだので、まとめて書きます。1巻と2巻の世界がひっくりかえった感じです。
ゾンビがわーわーでコワ面白い!

「花沢健吾」関連商品はこちらから

花のズボラ飯

久住昌之(原作)水沢悦子(漫画)

花のズボラ飯

【ユーザーレビュー】
花ちゃんのズボラ加減や独り言(主につまらないギャグ)に「ちょっとわかるなぁ~」と思ったりして楽しい部分もあるのですが…

「久住昌之」関連商品はこちらから

失恋ショコラティエ

水城せとな(著)

失恋ショコラティエ

【ユーザーレビュー】
失恋がどろどろな方向へ。天才ショコラティエがふと見せるブラックさ!こわ面白い。

「水城せとな」関連商品はこちらから

さよならもいわずに

上野顕太郎(著)

さよならもいわずに

【ユーザーレビュー】
大切な人を亡くし、その死に向き合うというストーリー。絵の効果で場面のリアルさを読者に伝えようとしている。
感動はしないが、作者の思いは伝わりました。

「上野顕太郎」関連商品はこちらから

進撃の巨人

諫山創(著)

進撃の巨人

【ユーザーレビュー】
正体不明の巨人と人類との戦いの話です。人間が巨人に食べられちゃってます。怖いです。けっこう面白いです。
今後の展開に期待です。絵が下手です。

「諫山創」関連商品はこちらから

刻刻

堀尾省太(著)

刻刻

【ユーザーレビュー】
設定が面白く、不思議な世界でした。展開が全く読めない!次の巻が楽しみです。

「堀尾省太」関連商品はこちらから

ましろのおと

羅川真里茂(著)

ましろのおと

【ユーザーレビュー】
この方が描く作品は単なる少女マンガの枠を超えていると思います。
津軽三味線というものが日本が誇る楽器であることを再認識させられました。
音の表現も秀逸で、流石だと思います。

「羅川真里茂」関連商品はこちらから

ドリフターズ

平野耕太(著)

ドリフターズ

【ユーザーレビュー】
昔、教科書に出てきた方々が登場します・・・がSFです。
主人公はいい人なのか悪い人なのか賛否両論かもしれません。
早く次の巻が読みたい。

「平野耕太」関連商品はこちらから

ドントクライ、ガール

ヤマシタトモコ(著)

ドントクライ、ガール

【ユーザーレビュー】
このような状況はありえないけど、妙にリアル。主人高の行動や台詞は共感できました。

「ヤマシタトモコ」関連商品はこちらから

主に泣いてます

東村アキコ(著)

主に泣いてます

【ユーザーレビュー】
読めば読むほど、アジが出てくる面白さで、『ママはテンパリスト!』とは一味違った笑いを楽しめますよ。

「東村アキコ」関連商品はこちらから