pagetop

脱力系BOOK特集

今回、脱力系BOOK 『チョイス24』の著者であり、大人気CGアニメ「Peeping Life」のクリエイターの森りょういちさんにインタビューしました!
さらにメルマガ会員様からの質問にも回答をいただきました!話題の脱力系BOOKコーナーと合わせてぜひ合わせてチェックしてみてください♪
また今、巷で話題の脱力系BOOKをラインナップ!ぜひ合わせてチェックしてみてください♪

■ プロフィール ■
森 りょういち (モリ リョウイチ)
1983年生まれ、福岡県出身。
クリエイティブ制作会社「株式会社FOREST Hunting One」の代表を務め、
今後の活躍が注目される若手実力派クリエイター。
代表作である脱力系CGアニメ『Peeping Life』が「デジタルコンテンツグランプリ」にて審査員特別賞受賞。
日常を切り取ったような脱力感が人気を博し、約30万枚のヒットを記録。現在、第3弾まで発売されている。
「昨日まで、この世界になかったモノ。」をコンセプトに、枠に囚われない作品を生み出している。

◆ 著書  『 チョイス24 』  ◆ 『チョイス24』 特設ホームページ  http://www.choice24.jp/
◆ ブログ  『 Ryoichi Mori Blog

インタビュー

今回『チョイス24』を出版の経緯を教えてください。

『Peeping Life』という脱力系と言われるCGアニメーションを作ってまして、主にヴィレッジヴァンガードさんで展開しており、それがジワジワと若い方々を中心に「これおもしろいね」と広まりました。
そのヴィレッジヴァンガードさんのお店で、担当の編集者の上司の奥さんが『Peeping Life』を見つけて、興味をもってくれたことがきっかけで、本を出すことになりました。

(上司に)「大至急声かけろ」と言われました。森さんが(他社に)取られちゃうと(笑)。

その時はまだ森さんは取られてなかったんですね。

チョイス24』表紙カバーに僕の写真があるんですが、たまたまその写真を撮ってくれた友人と水炊きを食べているときに、ちょうど電話がかかってきまして、二つ返事ですよ!
その時はまだ何やるか決まってなくて・・・。
でもアニメーションとは違う何かで表現したかったので、本を出させていただくのであれば、喜んで!という感じでした。

ということは、本の内容はこれから(編集の方と)一緒に考えていこうとしたんですね?

基本的には森さんにお任せでした。

結構自由に、何でもいいので面白いアイディアあったらくださいと言われてました。

そうなんですね。この本のチョイスしながら読み進めていくというアイディアは森さんが考えたものなんですか?

そうですね。どうせ読んでいただくなら、立ち読みでぱらぱらと読んでもらうのはもったいないですよ。
手元に置いておこうかなとか、何度も端っこが擦り切れるくらいお友達と一緒に読んでもらいたいですね。
「お前もやってみろよ!」と友達に進めたりしてくれるのが、理想です。
こっそり学校に持って行って先生の目を盗んで、読んだりとか・・・(笑)それを狙ってます。

なるほど。立ち読みで終わるにはもったいない本なんですね、この本は。

そこからコミュニケーションの話題になったらいいなと思いました。

この“脱力系”というジャンルにはもともと興味があったんですか?
堅苦しいものは苦手だから・・・という理由があるのかなと思いましたが・・・。

実は、逆だったんですよ。
大学3年生の頃、オリジナルの映像作品を自主制作していたんですが、その頃はガチガチのちゃんとした真面目な映像作家を目指してました。
起承転結のある作品で人を感動させようと思ってたんですけど、ある時から吹っ切れまして・・・・(笑)

何かあったんですか?

別に(自主制作は)仕事じゃないんですよ。
なのになんでこんなに凝り固まってんだろうって、嫌気がさして・・・。
失敗したって、下手のことしたって怒られないわけです。ちょっと力抜いてみようと、絵コンテ、カットなしの5分間1カットのものを作ってみたんです。
あと、たまたま演劇に触れる機会があって・・・

演劇ですか?

そうです。イッセー尾形さんの一人芝居を観にいったんです。
その頃、気持ちも切り替わってて、映像以外のものにも触れてみようと思って、たまたまネットで一番近い時期にやってる演劇をさがして、それがイッセー尾形さんの一人芝居だったんです。
全く知識なく観にいったんですけど、それがとても面白かったわけですよ。
その一人芝居が終わって、アンケート書いて、感想書いて、住所を書いたら、DMが届くんですね。
それで、次回作のお知らせが届くようになるんですが、そのDMに「演劇ワークショップありますよ」ってあったんで、これ面白そうと思って、観に行ったんです。
というのはお芝居の演出方法ってどんなものかなっていう興味で行ったんですが、それが衝撃的なものだったんです。「こーやってお芝居はできるものなんだー」って演出方法をインプットしたんですね。
インプットしたら、アウトプットしないと気がすまないのでこれを何か形にしようと思いました。
自分にはCGアニメーションがあるということでこれと組み合わせてみようと・・・・

ではCGアニメーションで表現しようと思って作ったのが『Peeping Life』なんですね?

そうです。 『Peeping Life』の前身の『EACH LIFE』というのがあるんですが、それを大学の卒業制作で作りました。
それを(企業に)売り込みして、これを商品化しましょうと声がかかり、名前も新たに『Peeping Life』にして、DVDができたんです。

そうなんですね。おもしろいですね。まさか演劇から『Peeping Life』出来たとは思いませんでした。
イッセー尾形さんの一人芝居がこの脱力系DVDのができたきっかけだとは・・・。

今ではイッセーさんの事務所の方も認めてくれていますよ。

この『チョイス24』を読んで思ったんですが、人間観察をしてアイディア(ネタ)が生まれてくるんですか?
それとも身近にいる人を参考にしているんですか?

身近にいる人ではないです。(登場人物のモデルは)イメージ半分、実際街中でみた人半分です。
散歩するのが好きなんで、よく街をぶらぶらするんですけど、面白い、特徴のある表情をされている方が通りすぎるわけですよ。
その一瞬の表情から、「この人はきっとこんな性格なんだろうな」とか「こうゆうことをしゃべるんだろうな」と漠然としたイメージが湧いてきて、それをみんなに話して、登場人物を作り上げていくんですよ。

なるほど。例えばアキバ系の登場人物も秋葉原で見かけて、イメージして作り上げたんですか。
(本の帯に描かれているアキバ系の人物のイラストを指差して)

実は、オタクの方、大スキなんですよ!
『Peeping Life』をやっていた時に『電車男』などで秋葉原が注目されだしたタイミングで、結構テレビでもオタクの方が出てて、メディアが面白がって取り上げてた時代があったんですね。
オタクの方が(テレビに)出てたら必ずチェックしてたんです。
それはなぜかというと、彼らは凄いんです。自分の好きなものに対して(アピールを)ストレートで包み隠さないですよ。

どのくらい好きかの自慢大会ですよね。

自慢してるし、堂々としてるし、とても幸せそうだなと思って・・・。
でもただちょっとコミュニケーションが下手な方や人と話すのが苦手な方もいたりするのですが、
大好きなアニメのTシャツを着て、街を歩くって普通できないじゃないですか。

オタク根性というか、オタクの方のポリシーに惹かれたんですか。

そうですね。そのオタク文化を研究していた時期があったんですよ。おのずとしゃべり口調も習得して・・

『Peeping Life』の声も森さんがされているんですよ。

そうなんですね。アキバ系の方は今でも秋葉原にいますよね。秋葉原に行けば、見かけます。

でもここ最近激減してるんです。

さすが、オタク研究家(笑)。

今のオタクの方っておしゃれなんです。隠れオタクではないですけど、普通にスタイリッシュな格好してるんです。
なのに、アニメ大スキで。
昔の生粋のアキバ系はあまり見かけないです。

ちなみにオタクの方以外で今注目している人はいるんですか?

今注目しているのはOLさんかな。

OLさんのどこに注目しているんですか?

お昼休みのランチの時の時間の過ごし方とかですね。面白いです。
大体、カップパスタみたいな食べつつ、転職雑誌見ながら、別に転職する気もないのに眺めてるんですよ。
きっと、今いる会社と比べているのかな。そんな感じで想像してます。

これからやってみたいことはなんですか?具体的に教えてください。

いろいろやりたい事はあります。例えば電子書籍とかこれから面白くなるのかなと思ってます。
文字がメインなんだけど、映像を中に挟んだり、今までできなかったコンテンツを作ることができると思ってます。

チョイス24』の電子書籍化は考えているんですか?

この本は電子書籍に向いているんですよ。ボタンを押して、選択の答えのページに進むという動作ができますからね。
それをこの本はあえてアナログで読者にやってもらうんです。

(電子書籍とは違い)ボタンを押すかわりにページをめくるという動作が必要ですよね。

中学校の先生が「電子辞書を使うな。ページをめくることに意味があるんだ。」ってよく言うじゃないですか。

だからあえて“紙”なんですか。

そうです。僕はそこが面白いと思いました。

なるほど。紙の本だと、自分の結果以外の答えも知れて、それはそれで面白いですよね。
どの選択で自分とは違う答えに進むとあの結果が出るんだろう・・・とか。

さっき電子書籍は面白いと言いましたが、そういう意味で(紙の)本もまだまだポテンシャルが高いと思います。

チョイス24』はたくさんの場面で選択しながら進んでいくものですが、実際、森さんも日頃選択を迫られることはよあるんですか?

僕は監督でもありますし、会社を持ってたりするんで、決断は早くしないといけないんですけど、(早く選択が)できないんです。
自分の考えを整理するのに一日二日かかっちゃうんです。他の人の意見を聞いてこうだなーって思いつつ、布団の中でずっと考えるんですよ。
それで一日経ったら、「俺こっちだ!」と自信を持って言えるんです。

パッパッと決めることはできないタイプなんですね。

本当はそうしたいんですけどね。憧れです。日々訓練です。

なかなか、すぐに決めるということはできないものですよね。

ですから、この『チョイス24』でみなさんも訓練していただきたいんです!リセット効きますからね(笑)。
実際人生では(リセットは)出来ませんから。

最後に読者のみなさんに一言お願いします。

サクっと手に取っていただいて、軽い暇つぶし程度に読んでいただきたいです。
女性の方は特別なことがない限り一生女性です。中学生の方は大人になっていきますが、今のところまだ中学生です。
だから今の自分しかいないので、他の人生を体験することはなかなか難しいのですが、
(この『チョイス24』では)それがほんの5分くらいで垣間見れるんです。
なので、ちょっとした息抜き程度にプチ人生を体験して、面白ければクスクスっと笑ってもらいたいです。
お友達やお父さん、お母さんに「読んでみ~」とか勧めていただいたり、
親子関係がギクシャクしている方はこの本でぜひ家族でのコミュニケーションを取ってください!

著者・森さんへの質問~ご本人に答えてもらいました!~

Q1
心にジーンとくる様な、そして実際本当にあったことがあるお勧めの本はどんな本ですか?
高橋歩さんの『サンクチュアリ』という本です。大学4年のとき呼んで衝撃受けました。
生き方はひとつじゃないだ。自分にもできるかも…。 そう自分の背中を押してくれた本です。
Q2
ヒューマンウォッチングは、とても面白いと思います。 色々な人がいて、「あぁ、人ってそれぞれなんだなぁ」と感じます。
これまでに、どんな独特な人を見たことがありますか?
福岡は天神にある警固公園という公園があるのですが、そこにいくと何故か「身体で不調なところない?」と知らぬ人に声をかけられます。
YESと答えるとおもむろに気功的なものをかけられる。体験したもののみ分かる恥ずかしさw
別の日にいくとまた別の人が気功を掛けられています。謎です…。
Q3
福岡のおいしいお店を教えてください。
福岡市は平尾という街にある「元功」というつけ麺屋さんです。
なんとつけ汁にフライドポテトが!
しかしこれが全然合うの!ご賞味あれ!
Q4
森さんのおススメの料理はなんですか?
生ハムです。これは安くても高くても可。なんでしょうねー?ほんと好き!
Q5
PeepingLife大好きです!こんなイケメンさん(笑)が作ってらっしゃったとは意外・・・。
内容もさることながらやたらとリアルな声の演技も面白くて好きです。
逆に(?)好きな声優さんとかいらっしゃいますか?
小桜エツ子さんでしょうか。ケロロ軍曹に登場するタママ役の方です。
ときどきマネします。「軍曹さ〜んっ♪」
Q6
ゆるキャラの次は何が来るんでしょう?そろそろ、真面目やしっかりしたキャラが来て欲しい。
自ら行動しないとイカンだろう!!という熱血キャラ。必要じゃないですか?
Q7
森さんのおススメの本はなんですか?
七つの習慣』という本です。僕も考え方変わりました。人生の参考書です。
Q8
Peeping Lifeを作ろうと思ったきっかけはなんですか?
基本的に出演者は友人なんです。
なので、まずは参加してくれて友人たちを喜ばそう。アニメになったらテンションあがるぞ。
そんな小さなワクワクからでしたね。今思えば。
Q9
森さんが、中学3年生の人に読んでほしいと思う本はなんですか?
チョイス24』という人生勉強にかかせない本がございますよ。
Q10
今、森さんが特にハマっていることは何ですか?
なんと27歳にして自動車学校に密かに通っております。下手過ぎですが、おもしろいです!
Q11
森さんに一番影響を与えた本はなんですか?
七つの習慣』という本です。
人は自分の見たい様に世界を見ている…、本当の姿ではなく。
人のせいにするのではなく自ら主体になること。人間でコントロール出来るのは自分だけ。
この人生のバイブルです。
Q12
森さんが、アニメではなく、小説ではなく、漫画という媒体に対して求めるものは何ですか?
これはセリフですね。
マンガは総合芸術として非常に優れていて、絵とセリフが持つ説得力はぴか一です。マンガ羨ましいです。
Q13
森さんの好きな漫画、教えてください。
るきさん』めっちゃ平和っす。

脱力特集

脱力系BOOK

リラックマ4クママンガ 1

リラックマ4クママンガ 1

コンドウアキ (著)
主婦と生活社
¥840(税込)

【脱力系&癒し系】
「主婦と生活社HP」で12万PVを獲得する人気4コマの書籍化。リラックマたちのユーモアあふれる日常を大公開!

東南アジア四次元日記

東南アジア四次元日記

宮田珠己 (著)
幻冬舎
¥680(税込)

【脱力系旅エッセイ】
会社を辞め、東南アジアへ旅に出た。遊園地にしか見えない教団施設、仏像の迷路、バナナを頭にのせた虎の像、四階建てビルを枕にした巨大仏など、奇奇怪怪なものが続々登場。

反面教師的育児 二児の母による脱力系絵日記

反面教師的育児 二児の母による脱力系絵記

廣島カヲルコ (著)
双葉社
¥1,260(税込)

【脱力系子育て】
二児の母による脱力系絵日記。育児ブログの枠を超えた強烈な笑い、激しい腹筋運動による筋肉痛にはご注意を。

田舎の刑事の趣味とお仕事

田舎の刑事の
趣味とお仕事

滝田務雄 (著)
東京創元社
¥672(税込)

【脱力系ミステリ】
彼の名は黒川鈴木。職業は警察官。階級は巡査部長。ふだんはヒマでも、事件が起これば無能な白石と真面目な赤木、二人の部下を連れて現場に急行する。起こる事件は本ワサビ泥棒、カラス騒動…。

脱力系DVD

ウサビッチ シーズン1

ウサビッチ シーズン1

(株)ポニーキャニオン
¥2,940(税込)

極悪死刑囚キレネンコ。ちょっとしたサボタージュで収監された善良市民プーチン。まったく異なる2人の囚人の、面白おかしい監獄ライフ!!
ウサビッチ シーズン2は こちら 、3は こちら

紙兎ロペ

紙兎ロペ

東宝(株)
¥2,940(税込)

下町を舞台に、紙ウサギ「ロペ」と紙リス「アキラ先輩」の2人が、映画館へ行くまでの珍道中を描いたショートアニメーション。

ネットミラクルショッピング う~まずい、もう一枚!

ネットミラクルショッピング う~まずいもう一枚!

ビクターエンタテインメント(株)
¥2,940(税込)

“新世代バカCGクリエイター”菅原そうたが放つ毎日放送の深夜枠CGバラエティ。

ソフトさんの悲劇

ソフトさんの悲劇

(株)ポニーキャニオン
¥1,890(税込)

漫画家にしてキャラクター・デザイナー、アニメーターの杉山実による、手作り感たっぷりのシュールなショート・アニメ。

Peeping Life(ピーピング・ライフ)

Peeping Life(ピーピング・ライフ)-The Perfect Edition-

Peeping Life
(ピーピング・ライフ)
-The Perfect Edition-

ビデオメーカー
¥1,575(税込)

脱力系ショートアニメ。「新婚ちゃんいらっしゃい!編」「下着メーカー営業マン編」「合コンでダダかぶり編」「おでん缶販売機編」「おでかけバカップル編」ほか、未公開シーンを含めた全10話を収録。

Peeping Life(ピーピング・ライフ)-The Perfect Emotion-

Peeping Life
(ピーピング・ライフ)
-The Perfect Emotion-

ビデオメーカー
¥1,575(税込)

「おきづきバカップル編」「フェンシングマン編」「郵便局前、午前0時編」「新婚ちゃん行ってきます!編」「映画館の情事編」ほか全10話に加え、劇場公開版全5話を収録する。

Peeping Life(ピーピング・ライフ)-The Perfect Evolution-

Peeping Life
(ピーピング・ライフ)
-The Perfect Evolution-

ビデオメーカー
¥1,575(税込)

今回は人気エピソード「バカップル」の続編「おわかれ!?バカップル」を収録。第1弾、第2弾では彼女に振り回されたマチャヒコがブチ切れ本気の大ゲンカ勃発。

Peeping Life(ピーピング・ライフ)-The Perfect Extension-

Peeping Life
(ピーピング・ライフ)
-The Perfect Extension-

ビデオメーカー
¥1,575(税込)

「チェーンロック越しの夜編」「父と娘押入れの探しもの編」「新婚ちゃん宝くじに当選?!編」「ショータとコータの勉強会編」「いなヤンカップル編」「会議中の二人編」ほかを収録。