pagetop

第149回芥川賞・直木賞受賞作品特集

第149回直木賞受賞

ホテルローヤル

桜木紫乃(著)

恋人から投稿ヌード写真撮影に誘われた女性店員、「人格者だが不能」の貧乏寺住職の妻、舅との同居で夫と肌を合わせる時間がない専業主婦、親に家出された女子高生と、妻の浮気に耐える高校教師、働かない十歳年下の夫を持つホテルの清掃係の女性、ホテル経営者も複雑な事情を抱え…。

第147回芥川賞受賞

爪と目」(新潮4月号)

藤野可織(著)

三歳の娘と義母。父。喪われた実母。家族には少し足りない集団に横たわる嫌悪と快感を、巧みな「語り」で浮かび上がらせた、美しき恐怖作(ホラー)。

第149回直木賞 候補作品一覧

巨鯨の海

巨鯨の海

伊東 潤 (著)

おのおのが技を繰り出し集団で鯨に立ち向かう、世界でもまれな漁法「組織捕鯨」を確立し繁栄する紀伊半島の漁村、太地。 しかし、仲間との信頼関係が崩れると即、死が待ち受ける危険な漁法であるため、村には厳しい掟が存在した。 江戸から明治へ、共同体で繰り広げられる劇的な人生を描いた渾身作。

夜の底は柔らかな幻

夜の底は柔らかな幻・上

恩田 陸 (著)

特殊能力を持つ“在色者”たちが、“途鎖国”の山深くに集まる“闇月”。 殺戮の風が、次第に暴れ始める―。 殺人者たちの宴が、幕を開ける。

ホテルローヤル

ホテルローヤル

桜木紫乃 (著)

恋人から投稿ヌード写真撮影に誘われた女性店員、「人格者だが不能」の貧乏寺住職の妻、舅との同居で夫と肌を合わせる時間がない専業主婦、親に家出された女子高生と、妻の浮気に耐える高校教師、働かない十歳年下の夫を持つホテルの清掃係の女性、ホテル経営者も複雑な事情を抱え…。

ジヴェルニーの食卓

ジヴェルニーの食卓

原田マハ (著)

マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、モネ。 新しい美を求め、時代を切り拓いた巨匠たちの人生が色鮮やかに蘇る。 『楽園のカンヴァス』で注目を集める著者が贈る、“読む美術館”。

望郷

望郷

湊 かなえ (著)

島に生まれ育った人々が織りなす、心の奥底を揺さぶる連作短篇集。 日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作「海の星」収録。

ヨハネスブルグの天使たち

ヨハネスブルグの天使たち

宮内悠介 (著)

9・11の現場からアフガンまで世界五都市を舞台に、日本製の機械人形を媒介に民族・宗教・紛争・言語などの本質に迫る連作短篇集。

第149回芥川賞 候補作品一覧

想像ラジオ」(文藝春号)

いとうせいこう(著)

耳を澄ませば、彼らの声が聞こえるはず。 ヒロシマ、ナガサキ、トウキョウ、コウベ、トウホク…。 生者と死者の新たな関係を描いた世界文学の誕生。

「すっぽん心中」(新潮1月号)

戌井昭人(著)

「すなまわり」(文學界6月号)

鶴川健吉(著)

「爪と目」(新潮4月号)

藤野可織(著)

「砂漠ダンス」(文藝夏号)

山下澄人(著)

過去の芥川賞受賞作はこちら 過去の直木賞受賞作はこちら