pagetop

電子書籍 人騒がせな名画たち

ほしい!に追加
電子書籍-人騒がせな名画たち
著者: 木村泰司
定価 ¥1,199(税込)
BOOKFANポイント: 33 pt

商品情報

出版社名
マガジンハウス
eBookJapan発売日
2018年10月05日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
画像型
ファイルサイズ
153.4MB
ページ数
172ページ
関連タグ
趣味・実用 教養・カルチャー
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

人騒がせな名画たち OFF
木村泰司 OFF

内容紹介

名画の謎解き本の決定版!やさしい。
面白い。
そして解説が深い!本書は「人騒がせな」西洋の名画のご紹介を通じて、名画を深く楽しむ鑑賞方法を知っていただくものです。
たとえばどんな作品をご紹介しているか、いくつかをご紹介してみましょう。
●画家が受注拒否! 「ぶらんこ」の意味とは!?●ナポレオンが乗っていたのは白馬でなくラバ!?●農民を描いたのは成功のための単なる「ジャンル変え」!●バレエ鑑賞は愛人の品定め会場!どれも展覧会では決して知ることのできないエピソードを揃えました。
日本では絵画を印象で感じることや、個人の勝手な感想ばかりが主流になりがちですが、西洋絵画を本当の意味で「楽しむ」ためには、絵画の裏に秘められたさまざまな「真実」を知らなければ始まりません。
当時の風俗、社会情勢、人間関係……。
つまり「絵画を読む」ための知識です。
本書では、それを丁寧にご紹介してゆきます。
登場する画家はボッティチェリ、ルーベンス、フェルメール、ルノワール、ゴッホなど、ルネサンス以降、近代までの美術史界のV.I.P.ばかり。
そしてご紹介する作品のほとんどは、誰もが知る「超有名作」を選びました。
ほかにどんな作品を掲載しているか、一部をご紹介しましょう。
ヨハネス・フェルメール「牛乳を注ぐ女」ピーテル・ブリューゲル(父)「農民の踊り」サンドロ・ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」ピーテル・パウル・ルーベンス「セネカの死」フランシスコ・デ・ゴヤ 「裸のマハ」エドゥアール・マネ「草上の昼食」エドガー・ドガ「エトワール」フィンセント・ファン・ゴッホ「花咲くアーモンドの木の枝」ポール・セザンヌ「温室のセザンヌ夫人」ディエゴ・ベラスケス「化粧室のヴィーナス」ポール・ゴーギャン「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」ほか多数。
掲載作品は大半がカラー印刷(一部サブカット等はモノクロ印刷)で、作品の迫力、美麗さがリアルに迫ってきます。
巻末には「MAP 画家と作品ゆかりの地」「年表 画家たちの生きた時代」 「画家名50音順 掲載作品一覧」も掲載してあり、理解を深めるにあたって便利です。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 人騒がせな名画たち
<a href="index.php?module=ecsearch&action=plist&s1=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D&s4=%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88"target="_parent">セット商品ならBOOKFANポイントが5%還元でオトク!</a>通常商品も3%還元 電子書籍ってなに? 電子書籍のはじめ方
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
新規会員登録で!すぐに使えるクーポンをプレゼント☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
【重要】サービス終了のお知らせ
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ