pagetop

本 りんごかもしれない

ほしい!に追加
本-りんごかもしれない
著者: ヨシタケシンスケ (作)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 14 pt

商品情報

出版社名
ブロンズ新社
発行年月
2013年 04月
ISBNコード
9784893095626
版型
--
ページ数
1冊(ページ付なし)
平均評価
(5)
: 3件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
3件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ヨシタケシンスケ OFF

この商品について

見方を変えれば、りんごひとつで無限に遊べる。 楽しく豊かに過ごす方法がぎっしりつまったヨシタケシンスケの発想えほん。

内容紹介

哲学?妄想?発想力?かんがえる頭があれば、世の中は果てしなくおもしろい。
ヨシタケシンスケの発想えほん。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: p-mama 投稿日:2014/06/07

これはもしかしたら見ているものと違う???

絵本の範疇なのでしょうか。
かなり哲学的な絵本です。
自分の目に見えるものが本当は違うものであるかもしれない。
それは無限に広がる世界。

これはやっぱり絵本ではないです。
哲学ですね。

哲学を絵にするとこの本になるのでしょう。
文学的でも哲学的でもない私ですが、とても面白く楽しめました。

目に見えるもの、まず疑ってみましょう。
そして新しい発見をしてみましょう。

ニックネーム: chima 投稿日:2014/05/27

哲学的かもしれない

ダ・ビンチっぽい表紙がかわいいです。学校から帰ってきた男の子がテーブルの上に置いてあるりんごを見てふと思う、「これは…りんごじゃないかもしれない」そしてりんごじゃなかったらなんなのかをずっと考えていくのですが、とにかく発想が豊かでおかしいです。よくこんなこと考え付くな~ってもうほとんど病的な妄想です。でも子どもの頃ってこんな風に色んなことがもしかしたら…って思えてドキドキしていたような気がします。今の自分はなんでも当たり前で何も疑わなくなったのでドキドキしなくなったかな~なんて、ちょっと残念な気持ちにもなりました。全部の物を疑ってかかっていたら生きにくいけれど、たまには疑ってみるのもいいかもしれないと思いました。小学生の子どもたちもゲラゲラ笑って読んでいました。子どもが読んだら笑える、大人はちょっと考えちゃう本かも。

ニックネーム: のぐたん 投稿日:2014/01/13

ちょっと むずかしいけど たのしい

ちょっと高いとおもったけど、おもしろそうなので購入。

5歳くらいの子なら、楽しめるけど、
2~3歳くらいだと難しいかも。

リンゴはリンゴ。
いや、まてよ?っていう、
バイアス(偏向)を外して読むという絵本。
ブックストア

うれしい全品送料無料♪▼新刊・予約はコチラ!

ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
新規会員登録で!すぐに使えるクーポンをプレゼント☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

絵本・児童書のランキング

ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ

今泉忠明(監修)


続ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ

今泉忠明(監修)


耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ

ナンシー・チャーニン(文)


ランキング一覧へ