pagetop

本 進撃の巨人 6

ほしい!に追加
本-進撃の巨人 6
著者: 諫山創 (著)
定価 ¥463(税込)
BOOKFANポイント: 4 pt

商品情報

出版社名
講談社
シリーズ名
講談社コミックスマガジン KCM4591 Shonen Magazine Comics
発行年月
2011年 12月
ISBNコード
9784063845914
版型
--
ページ数
1冊(ページ付なし)
平均評価
(4)
: 1件
: 3件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

進撃の巨人 OFF
諫山創 OFF
書籍一覧 > 進撃の巨人 (1~24巻)

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: 林田力 投稿日:2011/12/13

組織への不信と信頼

諌山創が『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の人気マンガ『進撃の巨人』の第6巻が、12月9日に発売された。前巻までのギャグパートは影を潜め、襲いかかる巨人との緊迫した攻防が展開される。前半と後半で組織への不信と信頼が好対照に描かれた。
前半はアルミンやジャンらと女性型の巨人との対決である。アルミンは女性型巨人が知性を持つことに気付く。さらに索敵能力がズタズタにされ、撤退が定石である状況にもかかわらず、進軍を続ける兵団司令部への疑念も生じ始めた。
後半はエレンが中心になる。エレンの属する一隊は巨人に追われ、後続の兵士を援護することもなく、ひたすら逃走を続けよとの命令が下される。エレンは命令に従うべきか、巨人と戦うべきか選択を迫られる。エレンに求められたものは組織を信頼することであった。
これまで巨人は本能的に人間を襲う存在と捉えられてきたが、黒幕的な人間が背後で操っているのではないかという疑惑も生じた。サスペンスとしては面白くなったが、特定の人間による陰謀であるならば、敵は悪であっても、人間の論理が通じる相手になる。論理が通じないエイリアンとの生存を賭けたサバイバル物としての緊迫感は弱まった。どの方向に作品が進むのか注目である。(林田力)
ブックストア

うれしい全品送料無料♪▼新刊・予約はコチラ!

ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
新規会員登録で!すぐに使えるクーポンをプレゼント☆
コミック全巻セットはこちら★
年末年始電子ストアギフト券キャンペーン!最高3,000円分ギフト券プレゼント中★
特集一覧へ
ジャンルランキング

コミックのランキング

漫画君たちはどう生きるか

吉野源三郎(原作)


進撃の巨人 24

諫山創(著)


ざんねんないきもの事典 特別セット ギフトラッピング済


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ