pagetop

本 肖像画の時代 中世形成期における絵画の思想的深層

ほしい!に追加
本-肖像画の時代 中世形成期における絵画の思想的深層
著者: 伊藤大輔 (著)
定価 ¥7,128(税込)

商品情報

出版社名
名古屋大学出版会
発行年月
2011年 12月
ISBNコード
9784815806828
版型
--
ページ数
412,12P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊藤大輔 OFF

内容紹介

変革期に、絵画は何を語り出そうとしたのか。
院政期に雰囲気を一変させる絵巻物との連続性から、似絵や「明恵上人樹上坐禅像」など鎌倉時代の肖像画を捉えることで、その深層に形成された思想の言葉の次元を明るみに出す力作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

鎌倉時代肖像画研究序説/絵巻物から肖像画へ―変革期の日本美術/第1部 絵巻物に見る転換の諸相―院政期美術の背景(神仙山水としての「信貴山縁起絵巻」/絵画との対面の感覚―「信貴山縁起絵巻・延喜加持巻」剣の護法の場について/国家の神話としての「伴大納言絵巻」)/第2部 似絵考―徳治理念の表象としての肖像(似絵以前の平安貴族の肖像観―呪詛論をこえて/生身性と肖似性―肖像表現の基礎概念と院政期の肖像表現/似絵と尚歯会図―似絵の起源/「似絵詞」に見る似絵―源流・名付け・概念/似絵の時期区分―「似絵詞」を中心に/初期似絵から中期似絵へ―「中殿御会図」について/後期の似絵―「天皇摂関御影」について/東アジア肖像画の標準―「元人名賢四像図巻」について)/第3部 「明恵上人樹上坐禅像」考―華厳思想の表象としての肖像(造形の特徴と宋画の摂取(構図法を中心に/空間の組み立て・彩色・筆線などを中心に)/東アジア的な図像の伝統―主題を巡る考察(1)/華厳の思想的実践としての肖像画―主題を巡る考察(2)/補論 多様な肖像世界―「明慶上人像(披講像)について」)

ブックストア

1000円以上で送料無料♪▼新刊・予約はコチラ!

ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
新規会員登録で!すぐに使えるクーポンをプレゼント☆
コミック全巻セットはこちら★
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ