pagetop

本 東京帝大叡古(えーこ)教授

ほしい!に追加
本-東京帝大叡古(えーこ)教授
著者: 門井慶喜 (著)
定価 ¥1,728(税込)

商品情報

出版社名
小学館
発行年月
2015年 03月
ISBNコード
9784093864084
版型
--
ページ数
459P
平均評価
(3.5)
: 0件
: 1件
: 2件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

門井慶喜 OFF

内容紹介

最高学府で連続殺人!謎を解くのは天才哲学者「ウンベルト・エーコ」ならぬ天才政治学者「ウノベ・エーコ」。
他を圧する「知の巨人」が開示していく事件の真相は、まさに予測不能。
ラストは鳥肌モノ!!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: りえこ 投稿日:2017/03/02

明治三十八年。熊本から上京した阿蘇藤太(仮)青年は、

明治三十八年。熊本から上京した阿蘇藤太(仮)青年は、東京帝国大学を訪れた早々に、殺人事件に遭遇してしまう。
藤太を呼び寄せた宇野辺叡古教授が疑われ、さらに第二、第三の事件が起こり・・・




時代は日露戦争の戦後処理をしているころで、原敬やら桂太郎やら夏目漱石やら、当時の名士の名前がゴロゴロ出てくる。もちろん、まだ18歳の藤太青年が、直接政治的な何かに関わるということはないのだけれど。


しかし事件当事者である七博士の意見書が史実なのには驚いた。大胆だなあ。さすがに差し障りのある人の名前はちょっともじってるけど。
高橋作衛→高梨力衛、富井政章→鳥居久章、中村進午→中倉金吾、かな。


あと、松崎天民も徳富蘇峰も実在の人だし、名前しか出てこない片山国嘉とか桜井房記とかも。9月5日の日比谷焼打事件も、翌日の戒厳令も史実。
殺人事件よりも、むしろ当時の情勢やら国民感情の描写やらが興味深かった。


最後に明らかになる藤太青年の本名、そして彼がこれから辿ることになる激動の人生と日本の行く末が語られる。
ちょっと異色な時代小説?推理小説?

ニックネーム: まーち 投稿日:2015/04/09

明治の近代国家が絡んでくる、最高学府で発生した連続殺人事件!

この作品、ただのミステリではなかった。明治時代後期の錚々たる方々が登場し、とてつもなく大きな話になっていく。

熊本の第五高等学校の学生・阿蘇藤太(本名ではない)は、夏休みを利用して、東京帝大の宇野辺叡古教授を訪ねてくる。
ところが、教授に指定された場所に行き、教授と思しき男性に声をかけると、なんと、その男性は、死んでいたのである。藤太が叡古教授と間違えたのは、同じ帝大の教授である高梨力衛だった。叡古教授が、藤太への手紙で、日時と場所を指定していたこと、高梨が生前、「叡古に殺される」と言っていたことなどから、叡古教授は、何者かが、自分を犯人に仕立てようとしていることに気付き、藤太に、調査を依頼する。


叡古教授に、行くよう指示されたのは、東京下谷竹町。いわゆる貧民街である。どうやら高梨は、そこをぶらぶらするのが趣味だったらしい。


ひと騒動あったのち、叡古教授は、犯人が誰であるかを明らかにする。なんと犯人は、下谷竹町で吹き矢を商売にしている老婆・おはつと、香具師である、彼女の息子だったのである。


その後、帝大の元教授・鳥居久章、学習院教授(東京帝大首席卒)・中倉金吾と、立て続けに殺害される。彼らは、『七博士』と呼ばれていたうちの3人だった(実際の『七博士』とは、微妙に名前を変えてあるようだ)。しかし、彼らを殺したのは全て、なぜか、おはつの息子たちなのである。貧民街の住人が、なぜ、最高学府の博士たちを殺すことになったのか?そこには、とんでもない黒幕の存在があったのである。


貧民街の話や、大分県に伝わる伝説など、たいして重要ではなさそうな話が、のちに、非常に重要な意味をもってくる。


叡古教授の、熊本時代からの旧友が、国民新聞主宰の徳富蘇峰だったり、彼の部下の記者が松崎天民だったり、帝大の講師である夏目金之助(漱石)が、第二の殺人の容疑者になったりと、すごい方々が、続々と登場する。


事件は、日露戦争が絡んできて、桂太郎首相・西園寺公望、原敬などの大物まで登場してくる。3人の教授の殺人事件に隠された、悲しい秘密、そして、事件の真相とは・・・?


この作品、阿蘇藤太の回想ということになっている。「阿蘇藤太」というのは、叡古教授につけられたものなのだが、終盤で、彼の本名が明らかになる。実は、かなりの大物で・・・


日比谷焼打事件など、実際にあったことを絡めながら展開していくこの作品。フィクションとノンフィクションが融合したような、不思議な印象の作品であり、読んでいくうちに、いつのまにか引き込まれてしまう作品だった。
ブックストア

1000円以上で送料無料♪▼新刊・予約はコチラ!

ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
新規会員登録で!すぐに使えるクーポンをプレゼント☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


ノーマンズランド

誉田哲也(著)


君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ