pagetop

本 マスカレード・ナイト

ほしい!に追加
本-マスカレード・ナイト
著者: 東野圭吾 (著)
定価 ¥1,782(税込)

商品情報

出版社名
集英社
発行年月
2017年 09月
ISBNコード
9784087754384
版型
127×188mm
ページ数
457P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

東野圭吾 OFF

内容紹介

若い女性が殺害された不可解な事件。
警視庁に届いた一通の密告状。
犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!?あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: まーち 投稿日:2017/09/30

大みそかの仮装パーティーに集まってきたのは・・・?

シリーズ第3弾。

警視庁捜査一課の刑事・新田は、再び、ホテル「コルテシア東京」での潜入捜査を担当することになる。
その理由は、匿名通報ダイヤルに、メールで送られてきた通報だった。
そこには、都内のマンションの一室に、女性の死体があるかもしれないと書かれていて、現場を訪れたところ、和泉春菜という女性が殺されていたのである。
その後、警視庁に手紙が届く。
その手紙には、前述の事件の犯人が、12月31日の夜に、コルテシア東京で開催される、カウントダウン・パーティーに現れるので、逮捕してほしいと書かれていたのである。
犯人逮捕のため、新田らが、12月31日の数日前から、ホテルに潜入しつつ、捜査を進めていたというわけだ。


疑わしい客は何人かいるものの、犯人を見つけ出すことはできないまま、仮装パーティーは始まる。
果たして、犯人は本当に現れるのか・・・?!


今回の作品で、山岸尚美は、コンシェルジュになっていた。
彼女が、客たちからの難題に、どのように応えていくのかも見もの(読みもの?)だ。
そしてそれが、さまざまなことにつながっているという展開も、実にうまい。


犯人は、逮捕されるまでわからず、気になって、ページをめくる手が止まらなかった。
今回の事件、単純なものではなかったのである。
さまざまな人たちが関係し、それぞれの事情が複雑に絡み合っていたため、簡単に解決できなかったのだ。


このシリーズでは、事件だけでなく、ホテルの裏側を、ちょっとだけのぞき見できるようなところも面白い。
そして、刑事とホテルウーマン(及びマン)という、全く別の世界の人たちのやり方や考え方は、正反対のことが多いのだが、共通する部分も結構あるというのも面白かった。


ホテルという、せまい空間を、存分に活かした作品だった。
作品の中のエピソードの使い方も、非常にうまい。


面白かった!
ブックストア

1000円以上で送料無料♪▼新刊・予約はコチラ!

ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
新規会員登録で!すぐに使えるクーポンをプレゼント☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


ノーマンズランド

誉田哲也(著)


君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ